【レビュー】SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL

購入動機

このヘッドフォンを購入する前までは、「Panasonic RP-HC30-W」を使っていました。


買ってから1年くらいすると、コントローラーのヴォリュームが接触不良のような感じになり、ヴォリュームのところに紙をはさんで接触不良をごまかしていました。
つい最近ジャックの根本が断線しかかっているようで、左側からしか音が出なく運が良ければ左右から音が聞こえます。
噂通り断線しやすい商品のようです。
という訳でヘッドフォンを新調することにしました。
ノイズキャンセリング昨日がついたもの、贅沢言えば更にBluetoothがついたものが欲しい。
だけども値段が高いので諦めました。
探している時に、ノイズキャンセリングもBluetoothも付いていないのですが、低価格でよさそうなものを見つけました。

レビュー

ここからSONY MDR-EX300SL/Bのレビューです。
まず音質ですが、RP-HC30-Wと差がわかりません。
RP-HC30-Wでも満足していたので、MDR-EX300SL/Bでも全然問題ありません。
問題が装着感です。
耳に入る所はいいのですが、その外側。
どうやら耳にあたっているようで、10分くらいすると痛くなりました。
耳に入れる角度を調整することで、多少は回避できることが分かりました。
が、気がつけばあたりが悪く耳が痛くなります。
音楽を聞くよりもPSPGOでドラマや映画を見ることが多いです。
電車では特に気にはなりませんが、新幹線や飛行機では音が聞き取りづらい事が多いです。
ノイズキャンセリングイヤフォンでは大丈夫だったのですが。
チョット困りました。

評価:★★☆

音質は好みの範囲なので満足しています。
耳にあたって痛いのが難点です。