【レビュー】液晶ディスプレイ(PHILIPS 234E5QHSB/11)

2014年3月18日

前のワイドディスプレイは3年と1ヶ月で故障

3年ほどiiyamaの24インチワイドディスプレイを使用していましたが、1年以上前に保証が切れて1か月後に壊れました。まさにソニータイマーならぬイイヤマタイマー?買い換えるお金もないため10年くらい前に使用していた三菱の17インチのスクエア型を使っていました。

なぜスクエア型で我慢できたのか

17インチのスクエア型でも全く不満なく使えていました。あまり画面を広く使うことがありませんでした。不便なことといえばブログに画像をアップロードする時くらいです。前にワイドディスプレイを使っていた時も、ブラウザを真ん中に開いて両端は壁紙状態です。なので1年以上スクエア型を使っていても不満はなかったのです。不満といえばライトの劣化で明るさが暗いことくらいでした。

更にこれと言って欲しいディスプレイがなかったのです。ナナオのディスプレイがいいなと思うことああっても高価なシロモノだし、やっていることはそこまでスペックいらないし。

なぜ購入したのか?

フィリプス社から液晶ディスプレイが発売されたとネットのニュース記事で見ました。フィリップス社と言えば最近有名になったヘルシー調理家電「ノンフライヤー」。そして私が使っている電気シェーバー、電動歯ブラシとか白物家電がイメージされます。

よく考えると、もしかしてだけど~、私ってフィリップス好きなの?と思いました。

ちなみにデジタル一眼はペンタックス、プリンターはヒューレットパッカード。シェアが多いわけでは無いメーカー好きなんですかね。シェアと使いがっては別としていいものなので使っています。

それと三菱が個人用液晶モニターから撤退して、安価な売れ筋どころはLGですね。それ以降はアイ・オー・データ機器、ベンキュー、マウスコンピューター(イイヤマ)となっています。個人的にはメーカー名を見てもこのメーカーがいいなと思えるものがありませんでした。

フィリップスだからということと5年保証ということが決め手になりました。

このディスプレイ、発売されてから価格が殆ど変わっていません。値段が下がるのを待っていたのですが、増税前にポチしてしました。

前に買ったワイドディスプレイの箱はバカでかかったので、また大きな荷物が着くと思っていたのですが、あららかなりコンパクトになりました。会社から家に帰って小さすぎて気が付きませんでした。
気が付きました。

234E5QHSB/11の売り文句

超薄型ベゼル

外のプラスチックの枠がすごく薄いのですが、表示される部分の外側が上左右に1cmくらい、下数ミリに表示されない部分があります。外枠一杯一杯には表示されない仕様のようです。

AH-IPS(Advanced High IPS)パネルを採用

上下左右178°から見てもきれいな液晶です。といってもそんな角度から見ることないのでどうでもいいのですが。

液晶ディスプレイ視聴体験を向上させる SmartImage Lite

後ほど書きますがこのソフト英語です。さっぱり分かりません。細く設定ができることは分かりましたが。

234E5QHSB/11のレビュー

ひとまず文句から

IMG_5492

電源を投入すると煌々と青い画面に白地でPHILIPSと表示されます。これが大体4秒位、その後くらい画面が2秒位。席を立つ時はディスプレイの電源を切り戻ってくると電源を入れるのですが、輝度100%で光らすもんだからまぶし過ぎて、たまにイラッきます。

ちなみに常時使っている液晶の輝度は0にしています。それでも明るいくらいです。

続いて調整ソフトの「SmartImage Lite」、表示が英語です。日本に進出するなら日本語版を用意して欲しかった。といっても海外メーカーのものは英語のものが多く、なかなか人に勧めるにくいものが多いです。

うちのパソコンが古いのもありますが動きがトロい。写真の編集する時は輝度を明るくするので便利かなと思いましたが、正直使いものにならない。

なので本体のボタンを押して調整しています。が、これも軽い液晶ディスプレイの運命なのか、それともボタンの位置が悪いのか、液晶の上部を抑えながら操作しないとグラグラして操作しにくい。

結局操作しにくいので、デフォルトで登録している「標準」「インターネット「ゲーム」のうち通常は輝度を暗くした標準。写真の編集の時はインターネットとにして細かく調整するのを諦めました。結果この2つあれば事足りることがわかったので、まっいっか状態です。


液晶全体にフィルムが張っているのですが「Warning Do not rip off panel film」と書いているのでどうやら剥がしてはダメなようです。と言ってもなんだか鬱陶しいのですが、どうしたもんなんですかね。

良かったところ他

これといってないのですが、保証書の文章を見てびっくりしたこと。ドット抜け保証があるんですよね。通常保証は5年ですがドット抜けは1年保証となっています。輝点>3、黒点>5となっていました。他のメーカもこういうのがあるんですかね?

電源がACアダプターになっていて置き場所にチョット困る方もいるでしょう。

それからおまけ

HDMI接続かアナログ接続しかないのでグラフィックカードを交換しなければならないと思っていたのですが、DVI-DをHDMIに変換するアダプターが売っていました。DVIとHDMIは映像の規格が同じということなので簡単に変換できるみたいですね。結果グラフィックカードを買わずに済みました。

評価:★★★

AH-IPS液晶という意味では安いほうだと思います。AH-IPSにこだわらなければもう数千円安く買うことができます。ポイントとしては5年保証+ドット抜け1年保証ではないでしょうか?保証とAH-IPSにこだわらなければ他の液晶でもいいと思いますが、保証体制に魅力を感じるのならば買いの液晶です。ただし、英語に弱い人とヒューレットパッカードに抵抗がある人にはオススメしません。

突然画面が消える

本日いつもの通り写真の整理をしていたら突然画面が消えました。
パソコンが落ちたのかと一瞬思いましたが、Radikoの音は流れているのでパソコンは大丈夫です。
念のためマウスをフリフリして、キーボードをタンタンタンしてみましたが状況は変わりません。
電源ランプが消えていたので電源ボタンを押しましたが電源ランプが付きません。
電源系統がどこか悪いのかなと思いチェックしましたが正常です。

予備機の17インチスクエアを引っ張り出してきてパソコンに接続すると正常に画面表示されます。
グラフィックカードを含めてパソコン、電源系統は正常のようです。

取り外して別室に持って行き、別電源に繋ぎ直し電源ポタンを押しましたが電源は入りません。

このディスプレイは5年保証なので、購入後1年3ヶ月なので無償で修理できます。
修理に送るのは着払いでいいらしく、対応も早いとの情報がありました。

めんどくせーなと思いながら、空箱を押し入れ方取り出しました。
その後別の用事と夕飯を済ませて、再び梱包をしようと別室に行くとディスプレイが光っていました。
どうやら先程テストした時に電源はつけたままにしていたようです。
ゾンビのごとく復活していました。

それからパソコンへ取り付けました。
今問題なく映っています。

またいつ落ちるのか不安です。

うーん、めんどくせー。

0:2014年3月18日
1:2015年6月13日