門司港駅から関門トンネル人道経由の下関駅散歩2018

帰省した時に1日自由行動日がありましたので、関門トンネル人道まで行ってきました。

小倉駅を電車で出発し、門司港駅で下車。
その後関門トンネル人道を通り山口県に出ました。
そこから唐戸市場を経由して下関駅へ。
下関駅から電車に乗って小倉駅に戻ってきました。

小倉駅で門司港行の電車に乗ります。
ホームに降りる階段に切符が落ちていました。
280円の切符だったので、この人も門司港に行くんだなと妄想しました。
対処方法として2つほど考えられましたが、落としたばかりだと思いこのまま放置することにしました。

すると目の前を降りていた男性が、ポケットをひっくり返して何か探している様子でした。
「切符ですか?」と尋ねると、「そう」というので切符が落ちていたところまで一緒に戻りました。
よかった、よかった。

門司港駅に着きました。
駅舎はまだ改装中でした。
2019年3月10日にグランドオープンと書かれていました。

九州鉄道記念館。
立ち寄る予定でしたが、今回はスキップしました。
なぜなら朝ホテルを出るのが遅くなったのと、この後唐戸市場で昼食を考えているので、ここで遊ぶとピーク時に到着する可能性が高くなりそうだからです。

懐かしいチンチン電車。

花壇と関門橋。

ひたすら関門トンネル人道に向かって歩きます。


若い頃、関門トンネル人道を通ったことがあります。
エレベータはいつも順番待ちだったのですが、待たずにそれも一人で下に降りれました。
一番驚いたのが、人道の狭さ。
私の記憶ではこの倍くらいあったのですが・・・
それと長さ、短い。
人の記憶って曖昧だなと、つくづく思いました。

下関市へ出ました。

人道を出てから唐戸市場まであっという間でした。
市場食堂「よし」でふくを食べる計画でしたが、お休みでした。
ほとんどの食堂がお休みで、開店しているお店は行列ができていました。
食事は諦めて下関駅へ向かいました。

下関水族館、海響館の前を通った時入館しようかとと思いましたが、一人じゃ寂しいなと思い諦めました。

再び下関駅に向かって歩き始めました。
海響館の裏側に行くと、凹んだ壁に頭を突っ込んだ人がいます。
なんだろうなと近寄ると、小窓がありイルカが見えました。

ゆめタワーの前に広場があり、ピンク色の花が咲いている木が見えましたので近づきました。
すると・・・鳩がドバーッと私めがけて集まってきました。
人間が来ると餌をもらえることを覚えているのでしょう。
ピンク色の花は十月桜だと思います。

下関駅から電車に乗って小倉に戻ってきました。

予定では2万歩でしたが、この時点で2万4千歩。
それから実家まで歩いたりして、この日は3万歩歩きました。
その結果、両足のすねの外側に痛みが発生しました。
歩き過ぎるといつも痛みがでます。
そして歩きはじめが一番痛いです。
残りの正月休み、ゆっくりしょう。
(了)