【北九州】わっしょい百万夏まつり/帰省その2

2009年8月5日

その1の続きです。
8/2。
親に、買い物連れて行けだの、飯食わせろだので、昼間はあっちこちに出かけました。
「ニトリ」に行きたいと言い出しました。
ちょっと待て、どこにあるんだい?
弟に連絡して、教えてもらいました。
10年以上、小倉から離れているので、新しく出来たお店は分かりません。
なおかつ、新しい道も出来ているので、自分がどこにいるのかすらも分からなくなります。
昼飯は、西港の回転すしに行きたいと言い出す。
あのぉ、どうやって言ったらいいのか、即座に出てこない。
頭の中でシュミレーションして出発。
で、店の名前はなんなのよ?
199号線を流して、見つけました。「豊吉」
回転寿司って、全品100円じゃないのね。
スシローとかしか行かない私は、かなりビビリ。
味の方は、サッパリしているのでいくらでもいけそうな感じ。
でも、セーブしておかないと、会計が恐ろしい結果になりそうで。
あまりにも、頭を使いすぎて頭痛が発生。
バファリンを飲んで頭痛を押さえ込みました。
ここで、倒れたら何のための帰省なんだか。
Wasshoi Summer Festival In Kitakyushu -PRIDE OF KITAKYUSHU- – わっしょい百万夏まつり
で、早々に晩飯を食べて、小倉の町へくりだす。
旦過市場の丸和のところで、焼きそば100円がありました。
そんなに人は並んでなかったので、買おうかと思いましたが、買わなくて正解でした。
そこから、小倉城方面、寿司詰め状態。
全く前に進まない。
焼きそば買っていたら、潰れていたでしょう。
今年のアナウンスで知ったのですが「環境負担の少ない祭り」を目指しているそうです。
花火が上がっている間は、電気を消すそうです。
真っ暗になることを期待していたのですが、真っ暗にはなりませんでした。
まぁ、周りがうっすら見える程度。
下の方は見ないでね下の方は見ないでね posted by (C)きあい
Panasonic DMC-LX3
昨年は、NikonのS600を持ってきて、全く花火が取れなかったのですが、今回はLX3.
シャッタースピードが調整できるので、2~4秒程度に変えながら撮影。
さすがに手持ちでは、固定されている光はブレぶれになります。
まつりの跡まつりの跡 posted by (C)きあい
Panasonic DMC-LX3
花火が終わったあと、一人ゴミを一つ拾って下さいっとアナウンスがかかっていました。
「環境負担の少ない祭り」の一環だそうです。
俺的には、違うと思います!
拾う前に、捨てるのをどうにかしないといけないのでは?
拾いましょうのアナウンスはあっても、「ゴミ箱に捨てましょう」ってアナウンスはありませんでした。
「ゴミを拾うことが目的」ではないと思います。
「ゴミを発生させないこと」が「環境負担の少ない祭り」ではないのかな?
西日本新聞に、こんな記事がありました。
「わっしょい百万夏まつり」閉幕 コンセプト変更へ 年内にも方針 「大集合」形式は維持
市が環境を重視していることから「環境負担の少ない祭り」を目指すことや、「わっしょい百万冬まつり」の開催、夏まつりの期間延長などの方向性を示していた。
生まれ育った街なので、高齢化している現状を考えると、なんとか活性化して、元気のある街になって欲しいです。
が、わっしょい百万冬まつりは、いつやるのかわかりませんが、小倉の冬のまつり・・・ってイメージわかない。
わっしょいっというよりも、どんより・どよどよ冬まつり?ってイメージですわぁ。
8/3は、自宅へ戻りました。
平日なので、5割引の0:00以降の深夜割引で帰ろうかと思いましたが、早めの帰宅をしたいので、3割引きの平日夜間割引で帰りました。
ゲートを通過する時、表示される金額を見て、上限1000円の威力はすごいなぁって感じました。
やっと関西圏、梅雨明けをして夏本番。
先日までの涼しさが、嘘のように暑くなりました。
夏バテしないように、気をつけないと!