珪藻土バスマットは足の裏サラサラなのでお気に入りです

2015年8月22日

購入動機

半年ほど前にネットを見ていると風呂あがりに足を拭くバスマットの情報がありました。
珪藻土で出来ており水分を吸い取り、足がサラサラになるというものです。
5人家族なのでバスマットはいつもビシャビシャで足を拭いた感じがせず、どうしても水分を含んだ状態で風呂場を出ることになります。

値段がお高いのでいろいろと考えました。
6000円程度の品物なので、ちょっと贅沢に1000円くらいのバスマットを使えば6回分。
バスマットってどのくらいの間隔で取り替えるのかは分かりませんが、3ヶ月とすれば1年半分。
割れる可能性や、水分が吸い取りにくくなるというデメリットがあるので1年半以上使えればコスト的に見合う計算となります。

そこで嫁に相談すると・・・
そんなもんはいらんっと一蹴されました。

先日嫁がラジオショッピングで、このバスマットを聞いたらしく、「欲しいので買って」だと。
過去の話をすると「家の壁にも使われて抗菌なんだよ、梅雨になったらバスマット乾きにくいでしょ」と嫁に言われ、押し切られて注文することになりました。

使った感想

品物が到着して使ってみました。

バスマットの上に足を乗せると吸い付くような感じで、足の裏の水分がなくなるのが分かります。
バスマットから下りると足の裏がサラサラで、思った以上の吸収力です。
家族5人が使ってもベチャベチャにならず、サラサラの快適感です。

レビューを見ていて多かったのが、「半年で真っ二つ」です。
長く使われている方がいるので、使い方が問題なのかな。
使わない時に壁に立てかけると思うのですが、短い方向を下にすると真ん中くらいに力がかかり割れを起こすのかなと推測。
なので、長い方向を下にして立てかけるようにしています。

段差があると割れる要因になるので、段差がある場合には段差を解消するか、もしくは使用を諦めたほうが良いようです。

2,3ヶ月位で吸収しなくなったとのレビューがありました。
調べてみると「表面に皮脂が付いてしまうと、油分が水をはじいてしまう。」らしいので、水分が吸収しなくなったら「荒目の紙やすり(1500番くらい)」で軽く削ると吸収力が復活するようです。

評価:★★☆

お手入れも楽なのと吸収力が非常によく、使用感も気に入りましたが、お値段が高すぎかな。割れるとか吸収力低下の話も話もありしばらく使ってみないと分かりませんが、星ひとつマイナスということで評価しました。

吸い取りが悪くなったので

思い返せば1ヶ月くらい前から足の裏の水分度合いが高いなっと思っていました。


極端に言えば足の裏がベチャベチャの状態でマットから降りていました。

紙やすりで削れば元の吸水力に戻ることは知っていましたので、そのうち紙やすりで削ろうと思っていましたが、やっと重い腰があがり削ることにしました。

ダイソーに行って1500番の紙やすりを探しましたが、1000番が最高値でしたので1000番を買ってきました。

適当に「サーサーサー」と軽く削り、水で洗い流し乾燥させました。

その夜の風呂あがり・・・
いい感じの吸い付き度合いに戻っていました。

5人家族だと2ヶ月に1回は削って上げたほうが良いことが分かりました。

廃棄

2年ほど使い続けましたが買い替えました。
理由は水分の吸いが悪くなったのと、見た目が汚らしくなったからです。

先日ニトリに行ったら1700円位で同じものが買えるのが分かりました。
流行ると値段が一気に下がるものですね。
思わず買い直してしまいました。

0: 2015年5月23日
1:2015年8月22日 吸い取りが悪い
2:2017年6月18日 廃棄

当サイトはGoogle AdSense・Amazon・楽天市場の宣伝プログラムを使用しています。

Amazonでのお買い物はこちらから
楽天市場でのお買い物はこちらから