【レビュー】液晶テレビパナソニック VIERA TH-L37S2

先日、Panasonic VIERA TH-L37S2を購入しました。

こちらの記事も参考
【購入経緯】パナソニック VIERA TH-L37S2

デザイン

・特に変なデザインではないです。こんなもんでしょうね

画質

・パッと見きれいです。

・倍速液晶ですが、残像とか、ゆっくりしたと動きでもモヤモヤが気になります。店頭で見ててもあったし、倍速でもないやつでもあったし、今時の液晶テレビではしかたないことと割り切り

・アナログ録画したDVDレコーダの画像が、ビデオテープでとったような映像になります。テレビがキレイに映るので、ブラウン管よりもきれいに映ると思っていました。完全に落とし穴でした。
解像度の違いがあるため、元のデーターを引き伸ばしているので、モヤッとした映像になります。
いろいろ情報を調べた時に、この話はありませんでしたので、非常にガッカリです。
アナログレコーダーが3台あるので、どうしようっと途方に暮れております。
ただし、2日程したら、目が慣れたのか、脳みそが慣れたのか気にならないレベルになりました。

・ちなみに、地デジのチューナで録画したものが、一番汚かったです。
なぜだかわかりません。
そこでHDMIの端子があるので急遽アマゾンで購入しました。
その結果、地デジはキレイに映るようになりました。
しかし、標準で録画したものは汚い。DRモードで録らないとダメみたい。
これならUSBハードディスクへ録画できるレグザを買えばよかった。

・PS2でグランツーリスモをやりました。
画質はいまいちでした。
残像が激しいので、気を抜くと頭がクラっとします。

・WiiでWiiスポーツをしました。
まぁ、動きがないのでこんなもんでしょう
こちらもD端子につなげるようにアマゾンでケーブルを注文しました。
若干キレイに映るようになりました。

音質

・よく薄型テレビで言われることですが、モコモコしています。
まぁ、映画を見るとか、音楽を見るとかがメインではないので、特に気になりません。
慣れれば、こんなもんです。

応答性能

・びっくりしたのがチャンネルの切替です。
思った以上にサックリとチャンネルが変わります。
2,3秒待つかと思っていましたが、2秒未満って感じです。


機能性

・いろいろありますが、テレビの視聴とビデオしか使わないので無用の長物です。
・残念なのが、D-sub端子がなかったこと。
パソコンを繋げるつもりで、ネットブックを購入したのですが・・・
ただ、SDカードを挿入できるので、最低限写真は見ることができました。
パソコンで見るよりも、驚くほどキレイに見えます。

サイズ

・6畳の横向きに置いています。
当初32型を買うつもりでしたが、37型で正解でした。
ただし、今まで見た位置で見ると、どうしても残像とかモヤモヤが気になります。
隣の部屋から2mくらい離れてみると、あまり気にならず綺麗に見れます。
つーことは、32型の方がもっとキレイに見えていたかもっと言う思いもあります。

総評

液晶テレビとしては、良いと思います。
値段も73000円と結構安く買えたので満足しています。
前持っていたブラウン管テレビの消費電力は100Wくらい、TH-L37S2は143W!
全然エコじゃなーい!
地球環境に悪いことした。

テレビを点ける時間を2/3にしなければ・・・
どうしても納得いかないのが、こんな不完全な品物を売っているのかということです。
TH-L37S2に限ったことではないのですが、ブラウン管テレビから置き換わった以上、ブラウン管テレビと同等の性能を維持して売りだして欲しかった。

私としては、ブラウン管テレビ以上のものと思っていました、ブラウン管未満のところが目につきます。
それに、エコと思って買ったのですが、実はエコではなかったってことも。
ブラウン管の地デジテレビがなぜ発売されなかったのでしょうか?
なぜ、ブラウン管のテレビも併売しなかったのでしょうか?
家電メーカーの戦略なのでしょうか?
消費者の要求が高くなったのでしょうか?
まぁ、何となく想像はできますが・・・
ぐだくだ言っても何にもなりませんし、世の中の流れなのでしかたありません。

評価:★★★

ブラウン管テレビと比べるとかわいそうなので、感覚的な評価です。
値段を考えれば満足です。
ただし、周辺機器を買い換えたり、特にレコーダーは大容量のハードディスクを積んだものを買わないと今までのようにキレイな画像で見ることが出来ません。
どんどん金が飛んでいく予感・・・