【レビュー】Broadwatch 携帯型小型大容量充電バッテリー USB PowerBank

2012年6月20日

購入動機

SHARP LYNX 3D SH-03Cを買って、格安シムを使用してスマートフォンモドキとして使用しています。
このスマホにはおサイフケータイ機能があるので利用しています。
バッテリーが切れた状態でもおサイフケータイ機能が使えましたが、バッテリーを抜いた状態では使えそうもありません。
ということは、電池が完全になくなったらおサイフケータイ機能が使えなくなります。
SuicaとかANAとか交通系の入れちゃおうと思っていますが、使えないと出張の時に大変なことになります。
そこで、モバイルバッテリーを買うことにしました。
コスパ的には、容量が大きく、1Aでの出力もあるのでよさそうなのです。

ですが、あくまでも緊急時の補助バッテリーなので小さい方がベターです。
探しているとこんなものがありました。

サイズも小さく出張時に嵩張りそうもありません。
早速注文。

レビュー

到着して充電。
まずはじめに試したのがSHARP LYNX 3D SH-03Cの充電です。
百均の白いデータ転送・充電ケーブルで充電しましたが、充電されずUSBモードになってしまいます。
百均の黒い携帯電話の充電用ケーブルとmicroUSB変換アダプターを使って充電し充電できました。

仕方ないので百均で、充電専用ケーブルを買って来ました。
付属していた、USB-miniUSBケーブルに、miniUSB-microUSB変換アダプターを付けて充電。
これはUSBモードになって充電できませんでした。
他の機器が充電できるか確認しました。
すべて百均のケーブルです。

PSP、iPodTouch、デジカメ(PENTAX Optio S1)は充電できました。
結局は、スマホ+データ転送・充電ケーブルでは充電できないことが分かりました。
バイクで出かけるときにSH-03Cをナビがわりに使いました。
バイクには「NANKAI(ナンカイ) マルチホルダー KANIシリーズ PB-12 KANI-R」を取り付けています。

挟む部分に厚みがあるので、下にモバイルバッテリー、上にスマホを置くとギリギリ挟みこむことができます。
ただし、下の方からモバイルバッテリーが落ちそうな感じなので少し手を加えたほうがいいです。
バイクには「NANKAI(ナンカイ) マルチホルダー KANIシリーズ MSM-01 ミラーアームクランプ」で
自転車は「NANKAI(ナンカイ) マルチホルダー KANIシリーズ PB-02W フレックスクランプW」を使用しています。

ちなみにナビはPND-433です。

スマホもPNDカーナビもバッテリーがもたないので、長距離長時間での使用には不向きでしたがモバイルバッテリーを購入したことで、長距離の移動が出来るようになりました。

故障

現在モバイルバッテリーはankerの5200mAhのものを使用しているため、今回レビューしているものは非常用のライトとして家に置いています。

久しぶりに充電しようとしたのですが充電中の赤ランプが点灯しません。
ライトの電源を入れてもライトは点灯しません。
ただし振ると一瞬ピコンと点くことがあります。
買って4年経過しているので、故障も仕方ないかと思いましたがバッテリーが生きているのならば懐中電灯としては使いみちがあるので復活できないかと考えました。

そこで壊れてもいいやの気持ちで分解を試みました。

一番の難関は殻を割ることです。
隙間を精密ドライバーのマイナスでチクチクしていると、端の方がピロンと空きましたのでその後は割れる覚悟で開けていきました。

おおよその原因は分かっていましたが、まさにその通りで「半田割れ」でした。

IMG_1534

左下のハンダがパッカリと割れていました。
単純にこれをハンダ付けすることで正常になりました。

LEDライトは2つ付いているのです片方が薄暗いのでこちらも修理しようとコネコネしてみましたが、これ以上何かすると取り返しのつかないことになりそうなのでここで諦めました。

評価:★★☆

ほんとうの意味でのモバイル利用は考えていませんでしたが、バイクや自転車での移動にもスマートにコンパクトに利用できそうなので最高の評価としました。
半田割れが発生しましたので評価を星ひとつ減らしました。
ただし修理が簡単でしたので自分で修理できる方は気にしなくても良いと思います。

0:2012年6月30日
1:2016年8月21日 故障を追記