【レビュー】モバイルバッテリー(AnkerAstro_E1_5200mAh)

購入動機

モバイルバッテリーはこれまで3つほど購入しました。
あくまでも非常用としての使い方をするので、容量は小さくても構わないので邪魔にならない小さなものを購入していました。

スマホをF10Dに入れ替えたのですが、これがバッテリー爆食いで半日もてばいいところです。
1日2回充電しないとダメなんですが、容量の小さなものでは0%から30%になるのがやっとな状況です。

そこで容量が大きくて小さなものを買うことにしました。

FujitsuF-10Dの話

F-12Cを使っていましたがとあるミスをしたことによってアプリのダウンロードができなくなりました。

GooglePlayのアプリ更新がダウンロード中から進まない(追記あり)

なんとか日常仕様ははできていたものの、LTE未対応、Android2.3、かつ動作がもっさりといろいろと不満があったので買い換えることにしました。

Android4.2以上、クアッドコア、LTE対応、root化が簡単ということで予算内で購入できるものが、FujitsuF-10Dでした。

バッテリーの持ちが悪いという話は事前に聞いていたのですが、連続で使用して90分でバッテリーがなくなります。
電源を入れぱなし放置だと1日でバッテリー残量が0となります。

更に本体の発熱がものすごく、夏場は10分ほど使用すると「うそでしょ!」というくらい発熱します。
冬場はカイロ代わりになりそうです。

更に充電しながら使用すると内部温度の上昇で充電がカットされます。
テザリング用途で使用を考えていたので、この夏実家に帰って充電しながらのテザリングをしたのですが、15分ほど使っていると充電がカットされいつの間にか残量がなくなり電源が落ちていました。

息子もAndroid2.2のクソ遅いスマホを使っていましたが、バッテリー爆ぐいでもいいから欲しいというので同じものを注文し、更に予備のバッテリーと充電器を購入しました。

正直買い換えたい所ですが、私はおサイフケータイが必須なので、最近安くなってきているSIMフリーのスマホは選択肢から外れ、今のところはキャリアーのスマホしか選択肢がありません。

選択理由

RAVPower 5200mAhと悩みましたが、レビューを見ているとどっちもどっちだし、AnkerAstroの白だと安いのでこちらにしました。

またサイズが小さい方がいいなと思い容量の小さな3200mAhも見ましたがお値段はそれ程変わらない。
ただもう少し手出しすれば7800mAhと大容量のものが買えますが、そこまで要らないだろうと考えました。

使った感想

商品が到着し箱から出して思ったこと
「デカ!オモ!」

コンパクトといえども今まで1000mAhの小さなものしか使っていなかったので、大きくて重いのは仕方ありません。

F10Dのバッテリーが0の状態から充電したところ、いつもの充電時間と変わらずに充電が完了し、モバイルバッテリーのランプは2つになっていました。

F10Dの残量が50%くらいから充電しても通常の時間程度で満タンになりました。

評価★★★

モバイルバッテリー・バッテリー予備を持つか、容量を大きくしたものを装着した方がよいか悩みましたが、スマホ自体の形を買えず容易に使用できるモバイルバッテリーを買いました。スマホだけではなくガラケー、ゲーム機の充電にも使えるのでひとつあれば便利と思いました。