【解決済】Word_Office365で文書を開くとアプリが落ちる

2018年10月22日

経緯

Wordを起動し文書を開くとアプリケーションが落ちる不具合が発生しました。

他の文書を開くを選択しオプションへ移ることはことはできます。
とにかく文書を開くことでWordが落ちます。
ちなみにEXCELは起動することができます。

アプリケーションの修復

Microsoftのサポートページを参考にしながら復旧を試みました。

[スタート] ボタンを右クリックして、ポップアップ メニューの [アプリと機能] からMicrosoft Office365を選択し変更ボタンを押し、クイック修復をしましたが復旧せず、オンライン修復を実行したらアプリケーションがすべて消えてしまいました。

仕方がないので再度インストールを行いましたが、それでも復旧しませんでした。

Easy Fix ツール

Easy Fix ツールを使用して、Office を完全にアンインストールし再度インストールを行いましたが復旧しませんでした。

ネットで検索してもピンポイントでこれだという情報は見つけることができませんでした。

イベントビューアチェック

イベントビューアでWordが落ちた時に吐き出しているエラーを確認しました。

kernelbass.dllで障害

イベントビューアのApplicationでエラーが発生していました。

kernelbass.dllで障害が発生しているようです。
kernelbass.dllをキーに検索してみましたが、解決策が見つかりませんでした。

不良ブロック

イベントビューアのシステムを見るとSSDに多くの不良ブロックエラーが発生していることがわかりました。
しかし何をしたらいいのかわかりません。
ちなみにshkdsk /fでディスクの検査をしましたが、エラーは発見できませんでした。

システムファイルチェッカーツール

Windowsのファイルが壊れている可能性が高いので、なんか昔そんなことを探して修復した記憶があったので断片的な記憶から検索し発見しました。


sfc /scannowを実行しましたが、「破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした」と表示されています。
念のためWordを起動し文書を開くと、開けました!
やれやれ、これで問題解決!

再起動すると強制終了

翌日パソコンを立ち上げWordの文章を開くと、Wordが強制終了します。
何のためsfc /scannowを実行するとWordの文書が開けます。
そしてパソコンを再起動し、Wordの文書を開こうとするとWordが強制終了となります。

どうやら根本的な解決にはならなかったようです。

再度システムファイルチェッカーツール

sfc /scannow後、通常シャットダウンでは問題なくWordの文章が開けますが、再起動するとWordの文書が開けなくなることがわかりました。
直感的な話ですが、不良ブロックが関与してシステムファイルが壊れていると感じました。
なのでWindows10が不調の時にどうしたらいいかを中心に調査を行いました。
その結果、下記のサイトを参考にして対処することにしました。

ある程度は実施しているので未実施部分のみ実行しました。

DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth

これを実行したら85%で停止してしまいました。
なので次を実行

DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

これを実行したら正常に終了しました。

sfc /scannow

ここでsfc /scannowを実行しました。
メッセージが「破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。」と前回とは違うメッセージになりました。

ここで一旦再起動しOfficeの再インストールを実施しました。

これで不具合解消か?

Officeのインストール直後は問題なく文書を開けました。
パソコンを再起動すると、前回は文書を開けませんでしたが今回は文書を開くことができました。
通常のシャットダウンでも問題なし。
再度パソコンの再起動をしても問題なし。

どうやら不具合が解消されたようです。

ちなみに不良ブロックエラーも発生しなくなりました。

WindowsUpdateエラー解消

9月くらいから「Version1803更新プログラム(KB4343909)」の更新エラー(インストールに失敗しました)が発生していました。
これについてもエラーが解消され正しくインストールされましたとなりました。

0:2018年10月22日
1:2018年10月25日 問題解決か?
2:2018年10月26日 WindowsUpdateエラー解消