ウイルスバスターからMcAfeeに入れ替え

ウイルスバスター(VB)2008から2009に変えてパソコンが遅くなった。
アップグレードする際にもいろいろとトラブルもあり、多少不信感を感じながVB2009を使っていた。

ウイルスバスター2009 1年版
ウイルスバスター2009 1年版

そろそろ、VBから卒業しようと、他社の体験版を探ることにした。
まず、検知率の高いG DATA Software(ジーデータ)をインストールした。
非常に重たく、たまにフリーズすることがあった。
それから、確かに検知率は高いと思われるが、誤検知が非常に多い。
検知率が高いということはそういうことかもしれないと思った。
次にMaCafeeをインストールした。
ぼちぼち軽い。
VBよりも間違いなく軽い。
こいつも検知率が高いせいか、誤検知が多いが、GDATA程でもない。
VBにひっかからなかったものが検知されるが、ウイルスかどうか判断できないものがある。

ちょうど、いいタイミング?で、会社のウイルス対策ソフトがVBからMcAfeeに変わるという話が入ってきた。
ネットワーク管理者をしているので、家で使うソフトも会社と合わせたほうが、知識の導入という意味では二度手間にならないので、あわせることにした。
しかし、VBの有効期限は後1年残っている。
もったいないと言えば勿体無いが、他のパソコンでは、VBが問題なく動いているのでそちらはそのままにしておくことにした。
さてライセンスを買わないといけないが、高い。

マカフィー インターネットセキュリティ 2009 3ユーザ 特別版
マカフィー インターネットセキュリティ 2009 3ユーザ 特別版

そんなもんだろうっと思い、購入しようとしたが、なんか安いのを見つけた。

インターネットセキュリティスイート with サイトアドバイザ 特別版
インターネットセキュリティスイート with サイトアドバイザ 特別版

こっちで十分ということ購入。
さて、体験版からのアップグレードだが、さてどうしようか?
購入した箱の中には、ライセンスキーとか何もない。
追加ライセンスを入力するものではなさそうだ。
まぁ、わからないけど上書きインストールしてみるか。



無事完了。
体験版で入力したメールアドレスになっているし、問題なさそう。
今のところ特に問題なく使えているし、ウイルスパターンの1日1回以上されている。
まぁ、値段もお手ごろだし、次回もMcAfee使ってみようかな。