【兵庫県】豊岡市|城崎温泉温泉王国外湯めぐり

兵庫県豊岡市にある「城崎温泉」に行きました。
姫路駅から播但線に乗り換え、北上して行きました。

寺前駅まで電車、その後ディゼルカーに乗って和田山駅まで、それからは山陰本線なので電車に乗り換え、城崎駅に到着しました。なぜ乗換えが多いのか?乗ってみて初めて分かりました。途中電化されていないのです。
駅を出ると、案内の人に旅館名を告げると、訳分からずマイクロバスに誘導されました。おそらく温泉一体で回っているバスのようでした。

旅館は、ほぼ城崎温泉街の中心にある「ゆとうや」です。古くからの温泉街らしく、古かったです。宿代から察すると頭の中は豪華さが巡り巡っていたのですが、見た目少しガッカリしました。昔だったら豪華な旅館です!
宴会まで、少々時間があるので内湯に浸かりに行きました。
それから、宴会へGo!

冬の城崎といえば…「蟹、かに、カニ!」ですよ。カニが好きかと聞かれれば、好きと答えることでしょう。嫌いかと聞かれれば、若干苦手な部類です。焼き蟹をすれば、カニの香ばしさが堪りませんが、なべとかカニ刺しとかは、プリプリ感が堪能できますが、味がねぇ?カニよりもエビが大好きなのですが?お子様でしょうか?私。
料理はこれでもか!というくらいカニを食べました。いや、もう腹がパンパンで食べれない。最後は雑炊でしたが、なんとか食べることが出来ました。しかし、雑炊というか団子になっていました。
さて、食後は、外湯めぐりですヨ。ひとまず外に出ました。

R0011202.jpg

さてどこに行こうかと、ぶらついていると、スマートボールと射的がありまして、少し遊んでみました。

R0011209.jpg

R0011215.jpg

まず、御所の湯に行きました。そのあと一の湯。
どこも、湯が熱い!露天はまずまず我慢できる温度でした。不幸なことに雨が降り出して、雨が当たると痛い。冷たい!いっそうの事雪の方が良かったかな。

浴場に入ってすごく気になることがあります。塩素臭い。消毒しまくりですね。情緒がないよなぁ。それと、露天に出ると、ボイラー排気の臭いと思いますが、石油ファンヒーター臭いです。なんかげんなりですよぉ。
ドライヤーには、気をつけたほうがいいですよ。御所の湯以外は、有料ですから。これにはビツクリ!
御所の湯出た時点で雨が降り出していました。旅館に着くころまでにはビッシャ!体を温めに温泉に入ったのか?冷しに外に出たのか、訳ワカンなーい!

さすがに、温泉2つに入ると疲れます。とっとと寝ようかと思いましたが、マージャンの面子が一人足りないので、入れと業務命令。社会人になってしたことないから(それまでは、幼稚園の時からしていた)かれこれ20年討っていませんでした。ほとんど技術は忘れています。仕方なく、面子に入りました。
これがまた、打ち出すと面白いのよ。マジで。だんだんと感覚が戻ってくるのよ。不思議だねぇ。結果、大負けだけど。ハハハ。

マージャン終わると目が冴えてしまいました。寝れない。こまつた。
入眠剤を持ってきていたので、さくっと飲みました。が、廻りのいびきがうるさくて寝れません。大合唱ですよ。叫びたくなってきた。

気が付くと、少し外が明るくなってきました。6時30分。
そう言えば、7時から外湯に行くと言っていた。はぁー。
最後の外湯は、外れの鴻の湯。
ひとつ愚痴ると、「どこに入っても泉質は一緒じゃねえか!」って当たり前です。城崎温泉なので源泉は同じところから出ています。そうなんだよなぁ。

朝食を食べてチェックアウトしました。
本来なら、これからあちらこちらへと行く予定でしたが、あいにくの雨。

R0011234.jpg

お土産を買って、早々と電車に乗り込みました。お昼ごはんに、カニ釜飯を買いました。美味しかったです。
帰りの電車は、ずーっと寝てました。こういう時って、団体行動って助かりますね。

今回の旅行では、RICOH Caplio R6だけを持っていきましたが、雨の日や夜は使えねぇ。本当に手ブレ補正がついているの?って写真を量産してしまいました。高感度に強いFujiのF30を持っていけばよかった。