アキレス腱炎の痛みが長引く原因がわかったかも?

2016年6月15日

まいどの足首後ろの痛み

だいたい春と秋の朝起きる時、両足のかかとそのちょっと上までに痛みがあり歩き始めがジジイの状態になっています。
最初はなんだろうなぁと思っていましたが、恒例行事になっていたので放置しています。

違う足首後ろの痛み

今回は両足ではなく片側のみの足首の裏が痛くなる症状を発症しました。

3週間ほど前の夜に足首の後ろが痛すぎて歩くのが辛くなりました。
足首を見ると赤く腫れていました。
そう言えばそれ以前も痛かったような気がします。

足をあげる時に痛いので、そろそろ歩けば痛みは軽くなります。
また日中は痛みを感じません。
おそらく靴下を履いているのでサポータの代わりになっているのでしょう。

原因はハイキングかも

痛みを認知する1週間前に奥多摩にハイキングに行き10km以上歩きました。
ただ1週間も経ってから痛みが出てくるなんてどうなのって感じで疑いがあるものの犯人とは断定できません。

嫁に聞くと部位的にアキレス腱ということなので、酷使しないと炎症は起きないのです。

頭痛持ちなので頭痛を発症するとロキソニンを服用しています。
痛みに気づかなかったと仮定して1週間を振り返ると、そう言えば週のはじめはロキソニンを服用していたな。
ということは痛み止めになっていて痛みが軽く気づかなかったのかもしれません。

前に書いた人差し指を曲げると痛みがあることや、肩が痛いなど症状が行列をなしましたので整形外科を受診することにしました。

結果はアキレス腱炎

レントゲンと先生の診察でアキレス腱炎という結果になりました。
先生が足首を見て、「おっ、腫れてるね、アキレス腱炎」と瞬間で診断がおりました。

治療方針としてはテーピングで巻固めるか、安静にしておくの2択。
靴下を履けば歩行に支障はないので、安静にしておくのを選択しました。

痛みがある時にはふくらはぎあたりをテーピングしておくと楽になるとのこと。
また歩くときにもアキレス腱を動かさないようにテーピングか手首用のサポータをつけると良いとのこと。

原因ですが奥多摩ハイキングの話をすると即答で、「原因はそれ」と言われました。

とりあえずプールで泳ぐのは問題なしと言われたので一安心ですが、今後完治しても長距離歩くと再発する可能性があると言われました。
もし歩きたいならアキレス腱を動かないように固定し準備運動を万全にするように言われました。

今後は長距離歩けないとなると、色んな意味で不安だな。

水泳で悪化しているかも

痛みが出ている時は歩きにくいので足首用のサポーターをしてごまかしていました。
足首用のサポーターをしていれば痛みが軽減されて歩きやすくなりました。
湿布を貼ってみましたが痛みがなくなることはありませんでした。


週に1度プールに行き泳いでいます。
クロールで40分連続して、1.3から1.4km程泳いでいます。
長距離なのでキック(バタ足)はほとんど使わずにゆっくりと泳いでいます。
アキレス腱炎になってからは、悪い右足を更に使わないようにして泳いでいます。

ある時週末も忙しくなり2週間程間隔が開きました。
プールから出る時いつもアキレス腱やかかとに痛みがあり辛かったのですが、この時は軽い違和感のみでした。
その後も忙しくて中1週でプールに行くことが続きました。

ある日、気が付きました。
アキレス腱やかかとの痛みがなくなっていることを。

ここ数ヶ月プールに行く頻度が極端に落ちていました。
ということは、泳いでいる時のキックがアキレス腱炎の痛みの根本原因だった可能性が高いということに気づきました。

お医者さんからはプールで泳ぐのは問題ないと言われていたのと、週に1回かつ軽い運動でしたので気も留めていませんでした。
リラックス&健康維持のための水泳がアキレス腱炎の痛みを長引かせた原因であれば、痛みが発生した時には水泳は控えておいたほうが良さそうです。

0:2016年6月15日
1:2017年12月17日