た、大変です!け、腱鞘炎ですか?

腱鞘炎ですか?

右手の平、手首親指の付け根あたりに激痛が走ります。
ずーっと痛いわけではなく、特にライターをつける時が一番痛いです。
なんだろうとググッて見ると、「腱鞘炎」って言葉が目立ちます。
「腱鞘炎」ですか?

昔、ベースからギターに転向しようとギターの練習をしていた時に腱鞘炎になりました。
その時は、手の甲側で激痛が走り、とてもギターもベース弾ける状態ではありませんでした。
1週間くらいで、弾ける状態になり、1ヶ月もすれば気にならない程になったと記憶しています。
腱鞘炎って、手の甲側になるのでは?っと嫁に聞くと「はぁ?それも腱鞘炎だよ」って言われました。

そうかぁ、腱鞘炎なんだぁ。
で、今回の原因は何なんだろう?
はじめて痛みを感じたのは、今年の2月。
ここ2週間は痛みを感じていませんでした。

レンズは重い

話は少しそれますが、望遠レンズは、「SIGMA70-300mm F4-5.6 DG MACRO」を持っています。
突如(子供の室内行事用に)、明るい望遠が欲しくなり、サンニッパ(300mmF2.8)でも買いたい!っと思いましたが、とても買える値段じゃありません。

ではサンヨン(300mmF4)では?これもどうだか高い。

じゃぁ、200mmF4でもどうかなぁっと探していたら、「PENTAX-A ZOOM 70-210mm F4」というのが、安かったので、まぁ同じかなぁっと思い購入しました。

直近発症しだしたのが、「PENTAX-A ZOOM 70-210mm F4」をK10Dに装着して、試し撮りして遊んでいた時でした。
そう言えば、2月の痛みを感じた時は、「PENTAX-M 50mm F2」をK100Dに装着して、撮影していた時でした。
うーん。
よくよく考えると、マニュアル撮影でピントを合わせる時は、確か右手でカメラの全重量を支えているのですよね。
50mmでも重量は、1kgくらいでしょうか?

70-210mmになると、おそらく1.5kgくらいですかねぇ。
カメラで腱鞘炎になった可能性が高いのです。
ここ最近、嫁を遊びに連れて行かず、レンズをポコポコ買った罰が当たったのでしょうか?
嫁曰く「>使わずに、休ませていたら治るよ」
そんな事くらい知っています。
ただ、後ろめたい気持ちもあるので、言い返しはしませんでした。
そのぉ、私にカメラを持たずに週末過ごせというのは、息するな!って言うのと一緒ですよ。
こうなったら、軽くてオートフォーカスのレンズでも買って、お手て休ませますか?
手始めに「smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited」を…
おバカ?