太ももの外側が熱く感じることがありませんか

第一弾足の甲

前に「足の甲が時折温かく感じることがありませんか」という記事を書きました。

あれから1年が過ぎましたがここ数ヶ月は温かくなる現象は発生していません。
症状が治まっているだろうなと思っています。

第二弾太ももの外側が熱い

かれこれ5日くらい前から気になっているんですが、右太ももの外側が最初は「温かい」レベル、そこからカーっと「熱い」レベルまで発熱している感じ(しゃく熱感)があります。
お日様が当たって温かいレベルではなく、石油ストーブが真横にある感じです。
発熱したと思われる部位を触ってみても発熱はしていません。
人体発熱第2弾です。

発熱の心当たり

右足の異常の心当たりといえば、庭で冬の雑草の観察をしている時に枝が右かかと下から4cmくらいの中心部に刺さりました。
刺さったと言っても外傷はなく軽い打撲程度のものだと思います。
打撲と言っても腫れたりしているわけでもなく少し赤くなっている程度です。
当日は痛くて歩くのは困難でしたが、翌日は少し痛みがあるものの歩くことができました。
翌々日は再び痛みが強くなり歩きづらかったのですが、それからは徐々に痛みが減ってきています。

踵への打撲が太ももの外側の発熱の直接の原因かは分かりません。

ネットで調べる

腰痛

太ももの外側にある大腿外側皮神経という神経の異常というのが意見的には多く、腰痛から来ている可能性が考えられます。

左太ももがじわーっと熱くなる

腰痛持ちで冬場辛くなることがあるのですが、今年は暖冬で無理をしなければ腰痛という感じは出ていません。

スキニー

腰から太ももにかけて常に圧迫していると常に神経が圧迫されているのでよくないという話もありました。

太ももの、前側や外側の痛み( 知覚異常性大腿神経痛 )

今冬はシマムラで「裏地あったかパンツ」のスキニータイプのジーパンを買いました。
売っているサイズの最小が私のサイズに合っていなくブカブカ状態で、腿の部分はかなり余裕があり締め付けられている感覚はありません。
その前に人体発熱症状が発生する前は2週間くらい履いていません。

結局様子見

踵の打撲から太もも外側が暑くなる現象については事例が見つけられませんでした。
いつものことですがしばらく様子を見たいと思います。