アクセス数が減ってきたので何か対策をしたいけど

スクリプト処理高負荷対応

年初にレンタルサーバー会社から「お使いのアカウントのスクリプト処理が非常に高負荷になっております。現状では制限を掛けざるを得ません。」と連絡があり、アクセス制限がかかりました。

そこでサーバー負荷を下げる対応として「WordPress Popular Posts」が負荷が高いとの情報からプラグインを外し様子を見たところ、負荷が下がりアクセス制限が解除されました。

キャッシュ対応

恒久対応として策を探していたところ、キャッシュした方が良いとの情報がありました。
キャッシュすることでスクリプト負荷を下げようということです。

「WP Fastest Cache」を導入しました。
無料版ではパソコン版はキャッシュしてくれますが、スマホ版はキャッシュしてくれません。
アクセスの内、7割以上がスマホのアクセスの時代、気休め程度ですが導入しました。

ここでトラブル、すべてのページをキャッシュしたらレンタルサーバーの最大ファイル数を超えてしまい大変な状況に陥りました。
今は1ヶ月でキャッシュクリアするように設定しました。

テーマの変更

その後に恒久的な対応を行うのに解決策を探したところテーマを変えると負荷が下がるとの情報があり、シンプルなデザインで負荷が少なそうなものを探したところ「Luxeritas」が見つかりました。
日々更新がかかっており、とても使いやすいテンプレートですが情報が少ない。

プラグイン見直し

Luxeritasを使ってる場合にオススメしないプラグインの中に「All in One SEO Pack」などのSEO 関連プラグインがありました。
そこで「All in One SEO Pack」を外しました。
そしてオススメプラグインの中に日本国産のファイアーウォール型プラグイン「IP Geo Block」があったので導入し、Akismetが重いらしいので外しました。

アドセンス

テーマを変更する際にアドセンスの貼り方を変えました。
サイドバー・タイトル下に貼り付けていたのをやめ、本文に1つ目、コメント後に2つ目にしました。
続きを読むmoreタブのあとに3つ目入れていますが、moreタブは廃止の方向で動いているので、本文とコメント下、そして関連コンテンツがメインのアドセンスとなります。

右肩下がりのアクセス数

アクセス数はアイコス、プルームテックの記事で昨年6月に瞬間的なピークを迎えた後少し下げ落ち着いていました。
若干12月にアクセス数が増えましたが、1、2,3月とアクセスが落ち昨年後半の落ち着いていた時期よりも3割減となっています。

アクセス減の原因

まさかここまでアクセス数が激減するとは思いませんでした。
いろいろやったので何が原因で何を戻したらいいのか分かりません。

アクセス源の原因として

  • サーバーの一時的なアクセス制限
  • テーマ変更
  • 「All in One SEO Pack」を外したこと
  • 「IP Geo Block」を導入したこと
  • たまたま下がる時期だった?

くらいが考えられます。

Google AdSense

撮影活動用の資金になっているアフィリエイトですが、アドセンスはアクセス数が激減したにも関わらず金額的には横ばい、Amazonはアクセス減比率に対して更に減少していますのでトータル的にはかなりマイナスになっています。
アドセンスは波があるのでなんとも言えませんが、データー解析する限りではアクセス減で下がったようには見えません。
物販は最低限リンクを貼っているページにアクセスがないと話にもならないので、アクセスが減るに従って減少するのは当然のことです。


品質向上

とりあえず小手先で何とかないかと考えたところ、品質の低い記事を削除した方がいいとの話を思い出しました。
削除するのも忍びないので、非公開もしくはレビュー待ちのどちらかしようと思いレビュー待ちにすることにしました。

WordPressから記事一覧を抽出し、Google Analyticsからアクセス一覧をエクスポートして突き合わせました。
といってもGoogle Analyticsから抽出したものがそのまま使えるわけでもなく、辻褄が合うように加工しました。
辻褄合わせの確認にJetpackのアクセス解析と突き合わせて大小の感覚差異がないようにしました。
アクセス数の少ないものをレビュー待ちにしていったところ、noindexで良いんじゃない?と思い方向転換しました。

「All in One SEO Pack」を使えば簡単にnoindexがつけれるのですが、今回はプラグインなしで実施することを考えました。


レビュー待ちのものを一気に公開に戻すとTwitterに一気に更新が流れ大変ご迷惑をおかけしました。
途中で気がついたので連携を解除して、公開状態に戻しました。

カスタムフィールドをクイック編集で更新がかけれると便利なので、下記サイトを参考に実施しました。


「4.jQueryで動的にクイック編集の値を書き換える」の部分が上手くいきませんでしたが、ひとまずは使えるので原因調査は後日にすることにしました。

一括操作でできないか探しましたが見つかりませんでした。

投稿画面でフィールド値の抽出ができなか探しましたが、値があれば抽出可能ですがない場合抽出ができず空欄にするとすべてが抽出されてきます。
並べ替えもやってみましたが、値が入っているもののみだけで並び替えられます。

カスタムフィールドのnoindexに値が入っていないもののみを集めたかったのですが、SQLを知らない私には無理のようですので諦めました。

アクセスが少ない記事にnoindexをつけていったところ半分以上がnoindexとなりました。
本当にそうなのか分かりませんが、だいたいの感覚でnoindexになる記事を見ると間違えないようです。

今後やりたいこと

なにをやったらいいのかわからないのですが、今のところは以下2点

https

どうやら世の中の流れはhttpsらしいのよ。
お金はかかりますが、若干のSEO効果はあるらしいのでやる意味はあるのかと思います。
ただし現時点では意味合いと作業手順・リスクが分かっていないので少し勉強しなければなりません。

サーバー移転

借りているXREAサーバーはとにかく応答速度が遅いのです。
通常の作業をやっていても500エラーが頻発します。
自分のサイトを見るにしても表示されるまで5秒くらいかかることが多いです。
SEO的には最悪ぽいので、早いところに移転したい。
だけども、こちらも手順がいまいち飲み込めていないので勉強中です。
XREAサーバーが新サーバー移行する話がでているので、そちらを一旦確認してから実行したら良いのかと思っています。
サーバー移転はアクセス数の少ない時間帯にやらないといけないので、暖かくなる梅雨時期かなと考えています。
(了)

当サイトはGoogle AdSense・Amazon・楽天市場の宣伝プログラムを使用しています。

Amazonでのお買い物はこちらから
楽天市場でのお買い物はこちらから