年をとると生理機能が衰え平熱が下がり体がだるくなる話

体温計

娘が体温を測らないといけないので体温計を出してと言ってきました。
家族が使っているものが見つからなかったので私が使っているものを出してきました。
しかし電池切れのようで使うことができませんでした。
とりあえずは娘に百均で電池を買ってくるようにお願いしました。
置いていなかったらいけないので新品を調達しようと思いAmazonで体温計を物色しました。

体温計には「実測式」と「予測式」の2種類があり予測式は短時間で測定し、10分後の体温を予測して測定結果を表示します。
実測式は時間をかけて体温を測定します。
一長一短でどっちがいいかは分かりませんが、正確なのは水銀式体温計で10分測ることでしょう。

メーカーによって測定結果が異なるようで、テルモ、オムロン、シチズンといったメーカーが体温計を発売しています。
レビューを見ていると「テルモ」が圧倒的に誤差が少ないようです。

体温測定

娘が百均で電池を買ってきたので早速入れ替えました。
壊れていればテルモの体温計を買うつもりでしたが、全く壊れた様子もなく電源が入りました。

早速測定値がおかしくないか私の体温を測ります。

私の平熱は36.8度前後です(でした)。
ピピピとなったので表示されている体温を見ると35.4度。
うーん、測り方が悪かったのか、それとも壊れているのか?

測り直しです。
ピピピとなって表示を見ると36.6度。
やっぱり壊れている。

娘が体温をはかるというので、体温計を渡し測定しました。
すると37.0度
壊れていません。
ピンときました。
基礎代謝か?

生理機能の衰え

テルモのサイトによると加齢とともに体温が下がるのは「年をとると運動機能や身体の生理機能が衰えてくることと関係があるのだと考えられています。」と書かれています。

ちなみに高齢者は体温が35度台ということなので、私は現役にしてもう高齢者になってしまいました。

太らないの

基礎代謝を含めて生理機能が落ちてきているということは食べる量が変わらなければ体重が増えそうです。
しかし体重は増えることなく体型を維持しています。
腹筋ローラーで腹筋を鍛えていて、人生最大の腹筋をつけることができぽっこりお腹がスリムになりました。
とはいえ体脂肪はここ5年の間に一桁から10から13%増えてしまいましたが。

慢性疲労

ここでふと思いました。
ここ数年疲れが抜けない、やる気がなくなったのは体温が下がったせいではないのかと。

そこでグーグル先生に尋ねると、まぁ出てくるわ出てくるわ。
低体温だと新陳代謝や血行が悪い状態となり、肩こりや不眠やダルさなど私が抱えている問題が書かれています。

体温をあげるには

サワイのサイトによると「低体温」の原因は「筋肉量の低下」と書かれています。

平熱が高いと病気になりにくいと聞いたことがあり体温が高かったので安心していましたが、ここに来て不安でいっぱいになりました。

毎日の腹筋ローラーと週一回のスイミングを行っています。
スイミングですが「筋肉をつける」という感じのハードな泳ぎは行っていません。
40分連続して、おおよそ1.1から1.2km泳いでいます。
その前は1.3から1.4km泳いでいましたが、バイクで転倒したあと痛みもあったことから泳ぐペースを落としました。
痛みが取れたあと元の負荷で泳ぐと1週間で疲れが抜けないため、1週間で疲れの抜ける今のペースとなりました。

よくよく考えれば健康の負のスパイラルに陥っています。

筋力をつけないといけないのであれば、少し負荷を上げていくしかないのかなと思っています。
が、体がだるいので運動したくない・・・