ケーキを食べると下痢をしませんか?

腹を下しやすい体質

私は胃腸が弱く、下痢と便秘を繰り返しています。

社会人になって「焼き肉の食べ放題」に初めて行きました。
肉は好きなので思いっきり食べました。
するとお腹を下して下痢で苦しみました。
食べ過ぎかなと思いましたが、焼き肉を食べるたびに下痢をするのです。

どうやら牛肉の脂が体に合わないようで、豚だとOKでした。
牛肉でも少量、または高級な牛肉だと下痢をすることがありません。

その時に分かったのですが、牛肉の脂は高い温度(融点が40~56℃)と体温よりも高い温度なので、お腹の中に入ると固まって(本当にそうなのかは知らない)消化が悪くなるようです。
豚の脂は低い温度(融点は28~48℃)なので、消化はできていると思われます。

おそらく高級な牛肉は融点が低くお腹に影響しないのではないかと考えています。

ただ40歳代になると豚肉でも下痢をしやすくなりました。

高齢者の元気な方は、平気で肉を食べています。
内臓が強くないと長生きできないなぁと思っています。

1ヶ月ほど前に家にビオフェルミンがありましたので、しばらく飲んでいると、下痢をする頻度がかなり落ちました。
便秘は相変わらずですが、間隔が詰まってきたので改善されています。
内臓から元気にしなくちゃダメなんです。

ケーキを食べると下痢をする

下痢のひとつの悩みがケーキです。

すべてのケーキで下痢をするのかといえばそうではなくて、下痢をしないケーキもあります。
転勤をするたびに下痢をしない美味しいケーキを求めて、探す必要があります。
関東に来た時には一発でおいしい下痢をしないケーキ屋さんを見つけました。

アメブロの方でこの話をするとたくさんのコメントを頂きました。

キーワードを引っこ抜くと
・牛乳の異種たんぱくのアレルギー
・ショートニング
・生クリーム
・生菓子で、過熱がされていない
・材料の何かに、アレルギー
・とにかく病院に行ったほうが良い

個人的な見解としては、牛さん系の牛乳やバターなど使われているのでそれが原因かと思っています。
産地などで成分も違うと思うので、その辺りが影響しているのではないかと思っています。

ある程度はキーワードが集まったので、もう少し突っ込んで考察してみました。

下痢の原因は

牛乳

牛乳について調べると「異種たんぱくのアレルギー」「乳糖不耐症」というものが挙げられます。
牛乳やヨーグルトを飲むと100%下痢をするかといえば、しない確率の方が高いです。
ヨーグルトは好きですし、コーヒーに牛乳を入れてカフェオレにしますし。

ショートニング

ショートニングの融点は40℃以上ですので、たしかに悪そう。
トランス脂肪酸が体そのものに悪いと書いていました。
ただショートニングはサクサクした食感を高めるために配合されるため、ケーキに使われるのかな。

生クリーム

お菓子作りはしたことがないので、生クリームの作り方を調べてみました。
すると初めて知った驚愕の事実がありました。
・脂肪分が高い動物性の「生クリーム」
・植物性の材料で作られている「ホイップ」
の2つが存在するのです。

動物性のものはしつこくて、植物性のものはさっぱりしているのが一般的のようです。

なるほど。

どうやらケーキに使われている生クリームは、それぞれの特性を利用して混合している可能性があります。

今のところの結論

動物性のものの比率が高いと下痢の確率が高いケーキで、食べてコクがある、しつこいなと思われるのが私に対して危ないと思います。
食べる前にこの比率が分かれば、下痢を回避できる可能がありますが、この落とし所はどこも企業秘密のようです。
(了)