【レビュー】無線LAN中継機|TP-Link TL-WA850RE

購入動機

これを買う前はBeiLan-WRE-056というものを使っていました。

中継機と言うよりもIP電話の無線LANアダプタとして使用していました。

時々接続が切れ電話がつながらない現象が発生していました。
その時は無線側も切れているので、日日監視して接続が切れたタイミングで電源の入切を行っていました。
そして先日、前回亡くなった時と同様の現象が発生しましたので廃棄としました。

前回中継機を買うときにTP-LINKと比較しました。
ここ最近家電量販店でもTP-LINKの製品を見かけることもあり、また3年保証であることから今回本製品を購入しました。

レビュー

商品が届き開封。
説明書は今までよくわからない中華製品とは違い、ちゃんとした日本語で書かれたもので分かりやすかったです。

接続は非常に簡単で、というか今までが何だったのかと思うくらい。

  • 電源を入れる
  • ルーターのWPSボタンを押す
  • 中継機のボタンを押す

これだけで設定が完了です。

SSIDとパスワードが、元のルータと同じなので本当に接続されているのかが分かりません。
ですが、元のルータの接続台数が減っているので中継機に接続されているものと思われました。

SSIDが同じだと落ちた時に分からないのでSSIDの変更を行いました。

SSIDの変更は「TP-LINK Tether」アプリを使用します。

アプリをインストールし、SSIDを変更しました。

本体のLEDのオンオフがアプリからできます。
オンオフというよりも消灯する時間を設定するものでした。

評価:★★★

設定があっさりと終わり、今まで苦労していたのはなんだったんだという気持ちです。
今後光回線に切り替え、無線LANルータの買い替えを検討しています。
TP-LINKも視野に考えても良いかと思っています。