【写真講座】第7回 加工することはいいこと、それとも・・・

「ソフトを使わない限り、いい写真、きれいな写真は一生撮れないのか?なんて思ってたんだけど・・・」というコメントを頂きました。

魅せる写真に仕上げようと思ったら、使わないとダメなのかなと思っています。

ただそれは、「いいな」っと思われる確率が上がるだけであって、少数の人には嫌われる写真になります。

多数の人に魅せるのか?それとも少数の自分の感性にあった人に魅せるのかで、写真の撮り方や仕上がりが変わると思います。

最近はソフトも高度になり、ソフトを使えないとカメラマンのアシスタントも出来ません。

いろいろと写真関係の職を探していると、条件で入っています。

なので、魅せる写真はソフトを使ってレタッチが必要だと思います。

私はAdobe Photoshopなどのソフトは使えません。

体験版で挫折した口です。

自分でもセンス無いなぁっと思っています。

マジ、一発勝負です!

だけど、どうしても手を入れないと入れない時があるので、PcasaやPhotoscapeを使っています。

趣味の領域であれば、気にせずレタッチしたりしなかったりすればいいことです。

「自分なりに感じる写真」が大切だと思います。