QBハウスのおっちゃんの接客が良かった件

髪の長さ

日中の気温が上がり、夜はなかなか気温が下がらなくなり、台風が過ぎていってそろそろ梅雨明けしそうな雰囲気となってきました。

冬は寒いので髪の毛を伸ばしています。
伸ばすと言っても天然パーマなので、横と後ろは短くしています。
トップと前髪だけが長い状態です。

子供たちからは80年台のアイドルの髪型と言われます。
中二病なので仕方ないですかね。

例年梅雨の時期に入るくらいには髪型を夏型へチェンジします。
スポーツ刈りとまではいきませんが、かなり短くします。

短くする時にはカットする人のセンスが試されます。
というのも、過去に一度短くしすぎて会社に行くと・・・
「なんかやっちまったか?」と言われるくらい短くなったことがあります。

今年は少し涼しい・・・いや私にとっては寒い日が続いていたので夏型へのチェンジのタイミングがつかめずにここまでやって来ました。

平均的なQBハウス

ちょい前までは近所の1000円カットに行っていましたが、カットする人による当たり外れが大きいため床屋を変えようと思っていました。

こちらに来る前の姫路ではリバーシティにあるQBハウスに言っていました。
QBハウスは人による当たり外れが少ないので安心してお任せできます。

今住んでいるところではQBハウスがありません。
JR秋葉原駅構内にあるので通過する時にカットしようかとも思うのですが、人が多くてとても入る気分になりません。

通勤経路でQBハウスのテンポを探したところ見つかりました。
某ショッピングモールの中にあります。

待ち時間が長い

10時に開店するので10時前にショッピングモールの入口に到着し、QBハウスがある階まで行くのですがいつも3、4巡目になり待ち時間が30分ぐらいになります。

なんでよ、10時開店でみんな同時入店なのにそんなに早くテンポに到着するの?
考えました。



裏ワザ発見

そっか、QBハウスがある階の入口でまてばいいんだ。
そう言えば駐車場への通路があったので、みんなそっちから来てんだ。
なるほどねぇ。

今回はQBハウスがある階から入店しました。
いやぁー、みんな早いのね、歩くの。
結局7人目の2巡目。
それにしてもこれまでよりか1,2巡早い。

誰が私の髪を切る?

待っている間の楽しみは、どの店員が私の髪を切るかです。
カットの状況を見ながら、切って欲しいなと思う順番を決めていきます。
といっても、カットしている順番で誰が私の髪を切るかわかります。
どう考えても4人中4番目のおっちゃんに当たりそうです。

店「どうぞ!」
私(あー、やっぱり四番目のおっちゃんやわ)
店「お荷物預かります」
私(へぇ)
店「大変お待たせしました。」
私「ちは」
(それ程待ってないんだな、これが)
店「どんな感じにします」
私「暑いんで夏型にして、秋には元の髪型になるくらいで」
店「では高めに刈り上げて、トップは半分くらいで前髪はどうしましょうか」
私「適当に揃えて」
店「わかりました」

カット中

店「こんな感じだと、秋口には元の長さになります」
私「OKよ」
(ちょっと長いけど、めんどくせーからいいか)
店「白髪が立って目立つので立たないようにしました」
私(そんなんできるん?)
店「前髪は下ろしても、上げてもいいようにしました」
私「最初はあげるので、いいね」
店「刈り上げは6mmなので覚えていたらいいですよ」
私「6mmですね」
(まじ、それ知ってんですけど)

文字で書くとわかりづらいのですが、相手の立場での接客ができているおっちゃんでした。
人によっては「うざ」と思うかもしれませんが、社内で人に接する仕事が多い私には非常に勉強になりました。

ギャンブルなのね

QBハウスはチェーン店なので皆さんマニュアル通りに仕事をやっていると思いますが、接客という視点では各人個性がでるところでしょうね。
カットの技量もそれぞれですが、ハズレはないので安心できますが当たりの確率はかなり低いです。
接客はとてもよかったのですが、カットの技量は中の下で少し残念でした。
だいたい同じ顔ぶれなので、この人が平均値以上だなと思っても指名はできないので残念なところです。
誰に当たるか、そういったギャンブル性?もあるのでQBハウス好きです。
(了)

日記

Posted by きあい