【レビュー】ウェアラブルネックスピーカー

2019年1月12日

購入の動機

パソコンで作業する時は、ファイヤータブをブルーツゥーススピーカーにつなげて音を聞いています。


音はラジコでラジオを聞きながらが多いです。

夜や朝は家族に気を使い小さい音、もしくは使わないようにしています。
イヤホンでもいいのですが、イヤホンしていると突如呼ばれた時には聞こえないので困ります。

ある日知ったのが、ウェアラブルネックスピーカーなる分野。
首にスピーカーをぶら下げます。
ただしソニー、ボーズやJBLから出ているものは、とても買いたいと思うような値段ではない。

アマゾンで安いものを探してみたが、レビューが醜い。
かといって、そこそこの悪くないだろうと思われるものは4000円くらいでした。
3000円くらいだったら、買ってもいいかなと思いました。

ある日タイムセールで3299円で出品されていましたので、まぁいっか、と思い購入しました。

レビュー

作り

見た目は思ったよりも小さかったです。
作りは全体がプラスティックでできていていますが、作りは荒くありません。

重量は軽く肩に乗せても負担はありませんが、なぜかしら肩こりします。

肩に乗せる時ですが首を通過する時、若干余裕はありますがかなり狭いです。
ちなみにワイシャツは首周り37cmを着ています。
40cmくらいがギリギリではないのかと思います。

折りたたみができないので不便です。
例えば自転車ででかけた場合、走行中は肩の上ですが止まった時にはどこかに仕舞いたいです。
が大きいため仕舞えるところがありません。

音質

レビューでモノラルという文字を見た記憶がありますが、間違いなくステレオで音は流れています。

音の良否は鈍感なのであまり分かりません。
使っているメインで使用しているイヤホンはe☆イヤホンで、1060円で購入したALPEX HSE-A1000GLです。
百均のイヤホンを買ったことありますが、スカスカのコモコモで聞くには耐えれませんでした。

肝心の音質ですがファイヤータブの7インチのスピーカーに劣ります。
低音なしのスカスカです。
ただしステレオなので音の広がり感はあります。

若干左に首が傾いているので、左の音が大きく感じます。
要は頭を真っ直ぐにしないと 音が偏ります。

音は後ろから聞こえている感じです。

いろいろと音を聞いてみました。
ポッドキャスト、ラジオ、ヒーリング、クラシックのピアノはOK。
特に音声だけのポッドキャストは問題ないです。

音楽はロック、ジャズ、クラシックの交響曲はスカスカで気持ち悪いです。
低音が心地よいと思われる音楽はダメダメでした。

自分の周りだけに音が聞こえる、要は指向性をもったスピーカだと思っていましたが、そうでもなく普通のスピーカーでした。
ですが、耳に近い位置にスピーカーが来るので最小限まで音量を下げれば、普通にスピーカーから音を鳴らすより静かにはできました。
外で使用するのには用途が限られそうです。

その他

移動しても一定の音量で聞けるのはいいのですが、距離的に6mくらいが限界でした。


ラインで通話の確認をしました。
タイムラグはスマホでやる時と同じで、普通に会話ができました。

電源を投入すると、「パワーオン」、ブルーツゥース接続されると「コネクティッド」、などのスピーカ独自の音が大きくてうるさいです。

充電口のカバーが開けづらい。

稀にビビリ音がします。
音量は小さいので音が割れていると言うよりも、本体がビビっている感じです。

評価:★★☆

コストパフォーマンス観点からだと、非常に悪い部類に入ると思います。
この価格であればもう少し音質を改善して欲しいところです。
2000円であれば納得感がありますが、それでもこの音質ではおすすめしません。

現在販売しているものの中だと、お値段のお高い有名メーカーか、お値段が安い中華製のものの選択しかありません。
用途として音楽を聞かない、または音声のみのラジオ、ポッドキャスト、通話がメインであれば買ってもいいと思います。