某ショッピングモールからのメルアド流出について・・・続

前に迷惑メールで困っている記事を書きました。

メルアドを変えてから、今のところ着ていません。
今日、Yahoo!ニュースを見ていると楽天市場、「個人情報を1件10円で販売」報道を否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000000-oric-entて記事を見つけました。
楽天市場に登録されている個人情報を1件10円でダウンロード販売しているとニュースサイト「GIGAZINE」で掲載されたことの反論記事でした。
楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明 で、この記事を反論するブログが合わせてありまして、デジタルマガジン。
楽天に直撃インタビュー! GIGAZINEの「個人情報1件10円販売」報道によるユーザーの疑問とその答えを聞いた

両記事を読みましたが、よく分かりませんが、結局業者にメールアドレスがいっているというのが結論だと思いました。
確かに、注文した後楽天市場から送られてくるメールには、Toには自分のアドレス、CCには業者のアドレスが入っています。
また、注文後のアフタフォーローのメールには、Toに私のアドレスで、Fromには業者のアドレスです。

間違いなく、業者にアドレスがお知らせされています。(間違いだったらスミマセン)
メールアドレスを業者に渡していないといいますが、結局渡しているのと同じではないでしょうか?

私が楽天市場を使う理由に、クレジットカードの情報流出の際に、個人情報保護が徹底されているとおもっているからです。
さて、前回書いた某ショッピングモールからのメルアド流出ですが、追跡調査を行いました。
某ショッピングモール専用メルアドなので、スパムがきはじめた時期と買い物をしたショップを並べてみました。

スパムメールがきはじめたのは今年に入ってです。
ほとんど固定店からの購入が多く付き合いとしては長いところばかりです。
買うものは、コーヒー、携帯のプリカのリピートが多いです。
で、クリスマスの時期だけは、買う店が固定されていません。
今年は2つ買いました。

1つは、リピートのお店。
1つは、初めてのお店。
11月にショップのオークションで落札。

その前は8月になります。
と、いろいろ考えると、2つのショップに絞られてきます。
今まで買い物したところとなると、数が多いので絞るのが厳しいです。
もし、その怪しいショップを使う時があれば、そのショップの専用のメルアドを作ってみようかなぁとか?考えています。

とは言え、発覚したところで、某ショッピングモールからの回答は決まっていると思うし、
こっちとしても、きーつけてな。ぐらいしか言えない。
いずれにしても、このままでは楽天市場に対する不信感は残ったままです。