メルペイに登録したたった一つの理由

iDが使えること

最初に結論を申し上げます。

会計の際に「メルペイで」と言わずに「iDで」と言えば良いから!

これに尽きます。

なんとかペイって恥ずかしい

世の中では「なんとかペイ」とかいうスマホ決済できる「QR・バーコード決済サービス」が流行っています。

PayPayまつりがあった時に、登録しようかと思い検討した結果、登録しませんでした。

嫌なこと3つ

  1. 会計の時に「ペイペイ」と言うのが嫌だから
  2. クレジットカードと紐づけするのが嫌だから
  3. QRコードを表示させるのが嫌だから

電子マネーはモバイルSuicaを使用していて、そもそも画面を表示させる「QR・バーコード決済サービス」は不要と考えました。
ただし、あのポイント還元は魅力的だったなぁと思います。

メルカリから、「ニッポンのゴールデンウィークまるっと半額ポイント還元!キャンペーン」の案内が来ていました。

そもそも電子マネーはモバイルSuicaで間に合っているので、「関係ないね」と思っていました。

メルペイ

ゴールデンウイーク10連休もあると気分的に暇な時間がでてきます。
ふと、「メルカリに売上金が残っていたな」と思い、メルペイの説明ページを見ました。

「メルペイ電子マネー(iD)とコード決済に対応」と書かれています。
iDってのはスマホで「ピッ」って決済するあの「iD」かなと思い、説明を見るとあの「iD」でした。

昔はiDを使用していました。
iDはチャージして使用するのではなく、クレジットカードから引き落とされる電子マネー?です。
またポイント還元がモバイルSuicaの方がよいので、モバイルSuicaを使うようになりました。

ちなみに「iD」や「モバイルSuica」はフェリカ搭載のスマホで使用できます。


iDが使えるということは会計の時に「iD(あいでぃー)で」と言えばいいのです。
「メルペイで」と言わなくてもいいし、QRコードも表示させなくて良いわけです。
これはいいなと思いもう少し説明を読んでいきました。

銀行を登録する必要がありますが、登録できる銀行を見ますとメインの銀行がありませんでした。
銀行がない場合、免許証などで本人確認ができるということです。
ということは、クレジットカードの登録もいらないので嫌なところを3つクリアできます。

売上金があり入金の必要がないので早速登録しました。
本人確認がちょっと面倒くさかったです。

早速使ってみる

「メルペイ」を利用して決済いただくと、支払額の50%相当(セブン-イレブン店頭での支払いの場合は70%相当)のポイント還元を受けられます。
【2019年4月26日(金)から5月6日(月)】

・・・セブンイレブンでは70%の還元です。
還元上限は合計2,500ポイントですので、セブンイレブンで3,572円のお買い物をすれば上限のポイントが還元されます。

早速セブンイレブンでお買い物をしました。
お支払いの時に言う言葉は「あいでぃーで!」
「ペイペイ」とか、「メルペイ」とか恥ずかしくて言えない・・・

翌日には70%還元のポイントが入っていました。
そしてそのポイントでお買い物ができました。
消耗品などを買い2500ポイント近くまでの還元を受けることができました。

たまにメルカリでは不用品を販売していますが、現金に変えるほど金額ではなく、また何か買い物するほどの金額でもないので困っていました。
メルカリの売上金がメルカリ以外で使えるのは便利なサービスだと思いました。

————————————
メルカリを使ってみてね!
300円分のポイントがもらえて買物ができるよ♪
登録時に招待コードの「KDQAYV」をいれてね!
————————————
(了)