喜多方ラーメン坂内のラーメンはさっぱりで物足りなかった

車で通る時、いつも人の行列ができていて気になるラーメン屋があります。

私の記憶では「肉うどん」の文字が見えていたのですが、いつの間にかラーメン屋になっていました。
外にまで人が並んでいるので「きっと美味しいに違いない」と思い、行くことにしました。

喜多方ラーメン坂内取手店、道路を挟んで「王道家」があります。
王道家はまだ行ったことはありません。
こってり系と聞いているので一度は行ってみたいと思っています。

喜多方ラーメン外観

さてお昼どきを外していきました。
表側の駐車場は一杯でしたが、奥にも駐車場があり空きがありました。

喜多方を今まで「きたがた」と読んでいました。
「きたかた」読むんですね。

坂内も今まで「さかうち」と読んでいました。
「ばんない」なんですね。

ちなみに坂東は最初から「ばんどう」って読めていました。

喜多方ラーメンメニュー

店舗に入ると多くの人が待っていました。
名前を書くところがあったので、書きました。
前に5,6組。
ラーメン二郎以来、ラーメン店で順番待ちしました。


15分ぐらいして案内されました。
店員さんは感じが良いですね。

喜多方ラーメンと餃子、そして無料の半ライスを注文しました。
人が多いので15分くらいして到着しました。

チャーシューが5枚浮いていて、スープは透き通っていて美味しそうです。
まずはスープ、さっぱり、すごくさっぱり、今まで食べた中でさっぱりさ上位です。

麺は縮れていてもちもちでした。
少し気になるのがほぐれていない部分が3つくらい入っていました。
これまで縮れ麺は食べたことはありますが、このような現象には出会ったことはありません。
喜多方ラーメンは初めて食べたので知りませんが、これがデフォルトなのかな?

とんこつラーメンだとスープに入れて食べるのですが、レンゲにご飯を入れてスープを浸してみても「んーん」って感じだったので、餃子でご飯を食べました。

餃子もさっぱりしていました。

トータル的にさっぱりでしたという、さっぱりしない感想です。

評価はこんな感じ。
ほんとさっぱりしていて、とんこつラーメンで胃もたれする人にはいいかもしれません。
(了)