ホテルの客室でWi-Fiがつならがらないと言ったら

会社の研修にて、大阪に来ています。
合宿研修なので、ホテルに缶詰です。
とはいえ、部屋は個室になっています。
このホテルは、モデムを借りると部屋でインターネットが出来ます。
会社のメールのチェックのため、パソコンを持ってきました。

初日の研修が終わり、フロントでモデムを借り早速ネットに接続を試みましたが、つながりません(T_T)
いつものことなので、フロント行き説明すると、貸し出し用はすべて出てしまって交換が出来ません。
と言われました。

どうもケーブルが悪いようなので、交換してもらいました。
はじめの5分はつながっていましたが、ネットが切断されました。
再度フロントに行くと、別のケーブルを渡されました。
「電話して頂ければ、部屋に伺いますので」とのこと、
気の弱い私はフロントに行かないと気がすまない、というか悪いような気がして。
再度接続するとつながりました。

ということで、風呂に入りました。
歯をみがこうと、歯ブラシがありません。
ホテルに泊まった時は、湯船につかって歯を磨くことにしています。
気が乗らないので、いったん湯船から上がり、フロントに連絡。

歯ブラシを持って来てもらいました。
本当なら、モデムの件も含めて、ぶち切れたいところですが、ここで怒りをあらわにしても私が幸せになるわけでもないので、一言。
「ありがとう」
さて、風呂から上がりメールのチェックをしようとしたら、再び切断されていました。
ガオー
もちつけ!(落ち着け)

ここで怒っても何も得にならない。
いろいろ対応してもらっているんだから、結果オーライ。
フロントに連絡。
「たびたびスミマセン。ネットにつながりません」
すると、代わりのモデムとケーブルと持ってきました。
しかし、つながりません。
「少々お待ちくださいと、ホテルの人は出て行きました」
もーあかん。俺は寝る。

目覚ましをセットしようと、時計を見ると、まったく違う時間が示されています。
どーやって時間合わせるんだぁ。
かつ、アラームの時間を示すところの液晶が所々切れて時間がわからないよぉ。
自分の運の悪さを実感しました。
つくづくツキのない男です。

こんな時に、怒ると幸せの神様は逃げてしまう。
いつでも、心から「ありがとう」
っと、自分を慰めていると、ホテルの人が戻ってきました。
別の部屋がつながりますので、そちらに移動をしてもらえますか?って。
この部屋でやっと落ち着いたところなのに、部屋移動ですか?
っと少し不満がありましたが、笑顔で「ありがとう」
新しい部屋は、ツイン。

部屋が広く落ち着きませんし、暖房が利いていなかったので寒いです。
と、心の中でブツブツ言いながら、顔は笑顔で
「部屋まで変えてもらって、ありがとうございました」っと。
さっき寝るつもりで、睡眠導入剤を飲んだのでもう眠たくなってきました。
仕事のメール?

もういいやぁ。
明日見るよ。
明日の研修が思いやられるなぁ。
不安だぁ。