【レビュー】トゥモローマイルドコンセント用(電子タバコ)

購入動機

先日ネットでニュースを見ていると【東京五輪に向け「たばこ1箱1000円に」】という記事が目に飛び込んできました。

愛煙家は肩身の狭い思いをしながら、たくさんの税金を払っています。

タバコは体に悪い、特に「受動喫煙による健康被害」ということから愛煙家は社会から追い出されてきました。

昔から思っているんですが・・・
本当に体に悪いのならば、そもそも「販売禁止」にしたらどうなんでしょう?
でも、いろいろと大人の事情があるようで。

私は喫煙者です。
「絶対にタバコはやめません。やめる時は死ぬ時です。」
と、増税の話が浮き上がってくるたびにタバコを吸いながら話をしています。

但し書きがありまして
「ただし、一気に1000円になったらやめる」

今回の増税話しもおそらく一気に1000円までいくことはありませんが、じゃあ本当に1000円になったら公言している通りタバコをやめないといけません。
ということは、タバコが1000円になったら俺死ぬんだ(笑)

ネットに出てくる広告ってなんだかなぁと思います。
ちょうど電子タバコの商品が目につきました。

2000円くらいの品物です。
お試しで購入するのにはちょっと高いです。

Amazonに来たついでに他に安いものがないか調べると

1000円で買える電子タバコがありました。
レビューを見てもそれ程悪そうではないし、購入することにしました。

ちなみにタバコをやめるために買うのではなく、電子タバコがどんなものかを試すのに買うだけですよ。

レビュー

ランニングコスト

買ったのはいいけれど気になるのはコストです。
通常電子タバコの部品構成は「液体入りカートリッジ+バッテリー+変霧器」の3部構成となっています。
それぞれ消耗品なので定期的に交換する必要があり、タバコ1箱あたりのランニングコストは100円から150円程度になります。

今回購入した電子タバコは「カードリッジと変霧器」が一緒になったタイプで2部構成となっています。
カードリッジは3個入りで550円程度で、1つ500回吸引が可能です。
1本あたり10吸引で換算すると、550円でタバコ7.5箱分となります。
タバコ1箱換算で74円となり、思ったよりも安いです。
ただし味が2つしかないので、より多くの味を楽しみたいのであれば液状がよいでしょう。

付属のカードリッジ

今回付属していた「マイルド味」、マズイです。
きな粉の味がします。
不思議なことに慣れてくるんだな、これが。

別にメンソールを購入しました。
メンソールの方が良いです。

マイルド味はカードリッジから独特な臭いが漂うので、使っていない時はジッパーの付いた袋に入れて密封しています。
メンソールは特に問題ありませんでした。

吸った感じは

唇に触れる部分ですが固いです。
タバコと同じくらいの柔らかさだったらよいのにと思います。

重さですが、重いです。
吸う時は指で支えないと辛いです。
ただし重いので顔の筋肉に力が入るので、ほうれい線予防によい気がします。

吸った時の抵抗がないのでちょっと物足りなさがあります。
2つ吸気口がありますが、片方を塞ぐとちょっと抵抗が出てきますが物足りません。

煙の量ですが本物のタバコを吸う感じで吸ってもあまり煙は出ません。
ゆっくりと吸い込むとたくさんの煙が出ます。



本数はどうなった

2週間ほど使ってみました。
家での本物のタバコの量は2/3に減りました。
電子タバコはパソコンの前に座っている間、ほとんどくわえています。
ほぼほぼ1日でバッテリー切れになりました。
カードリッジは少し味が落ちてきた(慣れのせい)気がしますが、思い切り吸えばでてくるので休日2日くらいはもちました。
その間3回ほどのフル充電をおこないました。
カードリッジは焦げ臭い味がしてきたらおしまいです。

平日は夜だけなので5日+ちょいもちますので、2週間で3本くらいカードリッジを消費します。

評価★★★

どんなものかを知りたくて買っただけなのですが、結果家にいる間のタバコの本数が2/3に減りました。ただしパソコンの前に座っている間はほとんど電子タバコをくわえている状態になりました。