近視と老眼と試験勉強

私の視力は0.01ありません。
メガネで矯正しないと生活できません。

今年に入ってくらいから、会社で使う職印の日付けを合わせるのが見づらくなってきました。
若い時、おいさん連中が、目から話して職印を合わせているのを見て、本当に見えないのか疑問に思っていましたが、現実自分がそういう状況になって、初めてその状況の重大さが分かりました。
パソコンを打っていて、紙の資料を持ってこられると、ぼやけて見えない。
かといって、目から話すとこれまた見えづらい。
仕方ないので、メガネを外して近づけてみることになります。
で、メガネを頭の上に置いていると、波平さん状態になります。

「メガネどこに置いたっけ?」

「・・・頭の上!」って突っ込まれます。

一昔前だと、メガネを外して新聞を見ると、5cmくらい近づかないと見えませんでした。
今では、5cmだと見えず、10cmくらいで見えます。
老眼が進んでいるんですよ!

今年もまたまた、公害防止管理者の試験を受けます。
勉強しないといけないのですが、メガネをかけたままだと見えにくく疲れます。
かといって、メガネを外すと乱視の影響か?やっぱ見えにくいです。
どうしたらいいか?考えてみました。
度を落とすしかないのか?っと思い昔使っていたメガネを引っ張り出しました。
・・・カビが生えている。

ひとつ、ひとつ洗って、メガネをかけてみる。
子供が笑う!
そりゃ、昔のメガネって結構大き目のレンズつけているから、今の細いレンズで見慣れていたらおかしいでしょ。
で、細かい字を見てみましたが、どこにも焦点が合いません。
そりゃ、そうですわ。
いまから7,8年位前に、2段階くらい度を落としているのですから、今よりも遠くが見える度数になっています。
今考えれば、その時から老眼が入っていたのかもしれない。
このことから、度を落とせば近くが見えやすくなるかもしれないということが分かりました。
リアル店舗に行って買うのもいいのですが、今回は常用する眼鏡ではないので、ネットで買おうかと調べてみました。

非常に安く出来ます。
眼鏡のデーターは、眼鏡屋に行って聞いてくれば良いのでそうしようかと思いました。
昨年行った眼鏡屋に行きました。
去年の記事→メガネを新調してみた
ちょうど、店の入り口に昨年担当してくれた店員さんがいました。
「お久しぶりです」っと挨拶されました。
どうやら、1年振りなのに覚えていてくれました。

私自信だけではなく、子供のこととかも覚えていてくれました。
非常にうれしいですね。
買うつもりはなかったのですが、予算に入るところがあれば買おうかなっという気になりました。
話をすると、度を落とすか、レンズの上下で違う度数のものを使うかということでした。
後者の方はよく分かりませんでした。
度を落とすと確かに、近くは見えやすくなりますが、遠くは全くだめですわ。
で、一応フレームを選ぶことにしました。

店員さんが、いくつか持って来てくれました。
さすが、昨年話したことを覚えているようで、それなりのものが出てきました。
運がいいことに4800円のフレームが一番スッキリと合いました。
それに、10000円のレンズを入れることに。
で?下取り込みの13000円ですか?

下取りって、カメラのキタムラか?ここは。って心の中で。
予算一万で考えていたので、レンズの質を落として1万にしようかと言ったら、「では、12000円で」と店員さんが言いました。
ここは、2000円の差であれば、レンズの厚みが薄いほうがいいので、この価格で決着しました。
一番の決め手は、1年振りなのに覚えていてくれたことですかね。