【解約】WiMAXを固定回線代わりに使うのは厳しかった

2017年5月22日

Speed Wi-Fi HOME L01到着

発送メールを受信した翌日に本体が届きました。
届いてまずすることは開封・・・の儀はスキップ。

本体は思ったよりも小ぶりでした。
可愛らしいと言えば可愛らしいけど、アンテナが見えないのはちょっと不安。

au Micro IC Cardを挿入し電源をつなげると、本体の電源が入ります。
本体のWPSボタンを2秒ほど押して、Windows10側で自動接続するとあら不思議、ネットワークに接続できます。
以外にもあっさりと接続ができました。

ハイスピードプラスエリアモード無効設定

Modeボタンを約1秒以上押すと、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの切り替えができます。
逆に言えばModeボタンを間違えて1秒以上押してしまうと、イスピードプラスエリアモードに切り替わってしまいます。

何が問題かといいますと「追加料金が発生します」
(2017年夏移行無料かという話もあります)
更に通信制限があり通信量が7GBを超えると通信速度が128Kbpsと制限されてしまいます。
L1は自宅内で固定回線代わりに使用するので、ハイスピードモードのみで十分です。

そこで間違えて切り替えてしまわないように設定を変更しハイスピードプラスエリアモードを無効化します。

WAN設定-基本設定 より『ハイスピードプラスエリアモード規制』をオンにします。
この設定だけは先にやっておくことをおすすめします。

初日速度測定

TryWiMAXで試した時に最高速度が出た2階の自室ところに端末を置いて速度を測定し、ダウンで20Mbps、アップで6Mbpsでした。
また1階のリビングではダウン15Mbpsで、WiFiの受信感度も問題ないレベルでした。

次に1階の置場候補のところに持っていくと、アンテナは3から4本を行ったり来たりしてダウンで15Mpbs、アップで2Mbpsでした。
短期間での速度測定ですが、WX03よりも速度は出ています。

2階の自室に設置しWindowsupdateを行いました。
ADLSだと4Mbpsがマックスでダウロードに時間がかかっていました。

ダウンロード中「TCP Monitor Plus」というフリーソフトでダウンロード中の速度を監視しました。

瞬間では40Mbps程度の速度が出ていました。
ADSLよりも遥かに速度があがりました。

付属のLANケーブルで接続し有線での速度を計測しましたがダウンで6Mbpsしか出ませんでた。
これは要調査です。

タブレットでAmazonMusicを聞きながらインスタグラムを見るとADSLの時は音楽が途切れ途切れで、インスタの画像の表示が遅かったのですが、WiMAXにしてからは途切れることがなくインスタの画像表示も早くなりました。

上記測定の全ては2.4G帯での測定です。
2時間ほど遊んで、スピードテストとWindows Updateで約2GBを使用しました。
家族5人で使うと3日間で10GBはあっという間に消費してしまい、速度制限に引っかかる予感。

Wi-Fi暗号化強化(PMF)をオフ

家にある複合機HP Deskjet 3520があり、この機種はWi-Fiで接続し印刷ができます。
L1にWPSで接続を試みますが接続ができません。
パソコン側からUSB接続で設定を送り込みますが、不明なエラーで接続ができません。
複合機自体古いので何か新しい技術に対応していないのではないのかと、L1のクイック設定Webにアクセスし
設定 > LAN 設定 > セキュリティ設定 2.4GHz
の中の「Wi-Fi暗号化強化(PMF)」がオンになっています。
聞いたことがないのでオフにしたところ、Wi-Fi接続に成功しました。

他の機器に接続できない、接続が不安定等の症状があるのであればオフにしてみると良いかもしれません。
暗号化強化なのでオンにしておきたいところですが、この複合機がある間は仕方ないですね。

デメリット

設置場所が限定

Speed Wi-Fi HOME L01の設置場所ですが

  1. 電源が必要なこと
  2. VoIPと電話機が置けるスペース
  3. Wi-Fiの電波が家内でカバーできること
  4. 電波の入りが良いところ

わが家にとってこの4つが必須条件となります。

これらを考慮すると2番目に電波の良い1階に置くことにしました。
アンテナは2から4本をウロウロしています。
アップダウンともに2階に置くよりも半減し、設置場所から一番離れたところでWi-Fiの電波がギリギリとなりました。

IPアドレスがコロコロ変わる

ADSLの時は気がつけば程度でIPアドレスが変わっていましたが、あまり気になりませんでした。
WiMAXにしてから頻繁に一日数回IPアドレスが変わります。
IPアドレスが変わって困るのが、IPアドレスを使用しているサイト管理アプリの誤検知やWEBサイトログインです。
サイト管理はアクセスログをアクセスしているIPアドレスを除外してカウントするのですが、IPアドレスが変わると過去の自分のアクセスまでカウントしてしまいます。
WEBサイトログインはIPアドレスが変わると「怪しい」と判断され、秘密の質問やワンタイムパスワードを要求されます。
IPアドレスがころころ変わることでいろいろと不便になりました。


速度が遅い

NTT解約とADSL解約で家内のWi-Fi機器がすべて「Speed Wi-Fi HOME L01」に接続するようになりました。
夕方まで問題なく使えていましたが、20時以降になりWEBサイトの表示が遅くなってきました。
カメリオというサイトでニュースをまとめて見ているのですが、サイトが表示されません。
ADSLの時も頻繁に発生していましたが、WiMAX独り占めしていた時は余裕で表示できていました。
現在は家庭内で制限を設けていなく、好き放題に動画を見させています。
速度に余裕があるので、WEBサイト閲覧に影響でないかと思っていましたが、どうやら速度に余裕があっても(設置位置の問題もあるが)影響を受けるみたいです。
自分のパソコンだけ速度を上げるマジックがあれば良いのですが、どうやらそんな都合のいいソフトはないみたいです。
1番早いところに戻せば状況が変わるかもしれませんが、しばらくこれで様子を見ます。

通信速度制限

ADSLを使っていた時と同様にネットを使っています。
私が使っている通信量は、月間パソコンで12GB、タブレットで13GB、スマホで4GBですので、一日1GBです。
契約前他の家族はスマホしか使っていないので、合わせても3GB/日いかないかなと思っていました。
実際WiMAX単独運用に入ると3日目で10GBを超え、翌日速度制限になりました。
その後も15GBオーバーとなり、毎日速度制限がかかるようになりました。
ゴールデンウイークなので外に出ずにYouTubeなどの動画をガンガン見ているようです。

18時頃から翌日2時頃まで通信速度を概ね1Mbpsに制限されます。
この時間帯はパソコンのラジコでNACK5を聞きながらタブレットでインスタを見ることが多いです。
インスタの画像はじーっと待っていれば出てきます。
パソコンでのラジコは途切れ再開されません。

ラジコをスマホに切り替えると、途切れても再開されますが、ほとんど鳴っていません。
インスタを見ずにラジコだけだと途切れずに聞くことができます。

他のWi-Fi接続がない状態で、パソコンでネットサーフィンして通信速度を確認しました。
最大でおおよそ1Mbpsの時と、それ以上出る時があります。
一概に1Mbpsという訳ではなさそうです。
とはいえ、ウェブサイトがサクッと出てこないことが多く、またエラーになることが多くイラッとします。
ブログの更新は問題なくできているので、まっいっかってところです。

子供らはYouTubeなどの動画が見れないのでブーブー言っていますが、私と同様に諦めの境地のようです。
速度制限がかかり不便になりましたが、ポジティブに考えると夜は子ども達が動画等見なくスマホを置いているので良かったのかもしれません。

毎日速度制限がかかっている状態です。
平日は速度が遅すぎてほぼインターネットが使える状況ではありません。
土日祝日は1Mbps以上の速度が出ている時間が多いので、そこそこにインターネットは使用できます。
一人でも動画を見る人がいる場合、通信量も直ぐに3日10GBに到達しますし、制限時間帯もメールの受信すら困難な状況に陥ります。
もう直1ヶ月となりますが、光にしとけばよかったと若干後悔が入ってきました。
速度制限は1Mbpsではなくて、5Mbpsにしていただけないでしょうかねぇ。

Statusランプ常時点滅

今朝気がついたのですが、LEDを消灯に設定しているはずのL1、Mode/Updateランプだけが黄色い点滅をしていました。
どうやら2017年5月16日に「オンラインアップデート」が実施されソフトウエアバージョンが11.191.01.00.824へ自動的に変更されたようです。

変更内容に「本体ランプのデフォルト設定を常時点灯に変更します」と書かれていますので、全部のランプが常時点灯にならず、一番下のMode/Updateランプだけが常時点灯になっています。
ちなみに3日10GBでの速度制限が毎日かかっているので、Statusランプの黄色い点滅だけが暗闇に光っています。
正直鬱陶しいの消灯できるように戻してほしいです。

解約

ビックローブ光を契約し、WiMAXの解約月がきましたのでWiMAXを解約しました。


解約はビッグローブのサイトからではなく電話をかけて対話で解約を依頼します。

サポートへの電話はなかなかつながらないと思っていましたが、速攻でつながり少し焦りました。

解約際に本人確認としてビッグローブIDや住所を確認されます。
また解約理由も聞かれました。

淡々と5分もかからずに手続きが終わりました。
1週間ほどで解約のメールが届きます。





0:2017年5月22日
1:2017年7月27日
2:2019年4月06日 解約