お尻の穴の近くにぷにゅぷにゅしたものができた

2017年8月4日

事の発端

先日小便に行った時、用をたそうとした時にお尻の穴、いわゆる肛門あたりに違和感を感じました。

その日の朝、大便に行った時はゆるゆるのうんちがでました。
その時に痛みだとかはありません。

その後少しお尻の穴あたりが少し痒いかなと言う感覚がありました。

家に帰り着きお風呂に入りました。
毎回お尻の穴は手洗いしています。
この日も手洗いしたのですが、何か違和感があります。
よくよく触ってみるとプクリとし、ぷにゅぷにゅしたものがくっついています。
昨日までは小さくて気がついていなかったのかもしれませんが、プクリとしたできものはありませんでした。

触った感じぷにゅぷにゅして気持ちいいです。
痛みや出血は伴っていません。
少し痒いかな程度です。

とりあえずは、一般的に言う「痔」になったと思われます。

血栓性外痔核か?

痔の薬と言えば「ボラギノール」
ということで、ボラギノールのサイトに行ってみました。

痔には「いぼ痔(痔核)」「きれ痔(裂肛)」「痔ろう」の3種類があります。

これらを見ると「いぼ痔」に該当しそうですが、痛みは伴っていません。
また出血もしていません。

更に調べていくと「血栓性外痔核」という病名がありました。

血栓性外痔核は、いぼ痔の一種で「血栓(血豆)が原因で腫れ上がった状態」です。
直接観察した訳ではありませんが、「血豆」ぽい感触があります。
痔と言えば手術して切除しなければ行けないイメージがありますが、「手術をしなくても、血栓が溶け、吸収されれば消えてなくなります。」
ならば、放ったらかしておくことにしました。

痔の原因は?

肛門に、急激に負担がかかると血栓性外痔核ができてしまいます。多い原因としては以下の通りです。

  1. 便秘
  2. 下痢
  3. お尻の冷え
  4. 飲酒
  5. 運動(ジョギング、ゴルフのスイングなど)

と書かれていました。

便秘下痢は日常茶飯事。
お尻の冷えと言えば、痔を発見する2日前にゲリラ豪雨にあたり、ビシャビシャになりました。

酒は飲めないし、運動と言っても週一回の水泳と、毎日の腹筋ローラー立ちコロで10回くらいです。



ブリザエース

痛くはないものの若干痒みとつっぱり感があるので、何か薬を塗っておこうと思いました。
痔の薬といえばボラギノール。
会社でボラギノールを持ってトイレにいくのは気が引けます。
あまりにも目立つというか、私は痔なんですと堂々と言っているもの。
他に何かないかと探していたところ「ブリザエース」というものがありました。
パッケージが青系でさわやか、あまり知られていない(と思っている)ので、ブリザエースを買いました。

塗るとスーッとするらしいのですが、思ったほどスーッとしません。
痒みは気にならない程度になりました。
しばらくブリザエースで様子を見て、治らないようであれば「肛門科」または「消化器外科」を探して受診しようと思います。

痔ろう説

インスタグラムやアメブロでこの話を書きました。
多くのご心配メッセージやアドバイスを受けました。
その中でご主人が痔ろうになった話が書かれていました。
痔ろうだと「違和感のみで痛みも痒みもなかった」との情報がありました。
痔ろうだと手術が必要で2週間の入院が必要みたいで少し心配になってきました。

0:2017年8月4日
1:2017年8月5日 痔ろう説