【レビュー】スピーカー ONKYO GX-77M(B)

購入動機

パソコンのスピーカーは、10年ほど前にTWOTOPで買ったパソコンについていた「DIATONE DS-31P」を使用していました。
単体での価格は10,000円程度だったと思います。

この10年間、3つ程スピーカー(5000円程度のもの)を変えましたが、納得できるものに出会えずに、このスピーカに戻って着ました。
多分、それなりの金額をかけないと納得いくものに出会えないような気になっていました。

やっぱし、BOSEでも買うかなぁって、でも高いよななぁ。
価格コムで評判のいいものは2万くらい。
1万でもどうかいなぁってのはあるけど、失敗するものいやだしなぁ。
っと、あれから半年。

NTT-X Storeからの会員メールを見ていたらONKYO GX-77M(B)が、9980円、台数無制限。

半年前、PCスピーカーを買おうと検討していたうちのひとつのスピーカーでした。
価格コムでの最安値は、15000円くらいでしたので、ここは勝負してみるか。
ということで、ほとんど衝動買いしてしまいました。

使った感想

勢いで買ってしまったので、置き場所なんか考えていません。
サイズを見ると、今持っているものよりかなりでかい。
17インチのディスプレイの横にスピーカーを置いているのですが、今回は無理。
まぁ、ディスプレイはそのうち22インチワイドにするからいいかぁ。
品物が到着して、しばらく眺め床の上に置いて鳴らしてみました。

まぁ、スピーカーのエージングも大切ですが、耳のエージングも必要かもしれない。
はっきり言って、聞きなれない音。
良いのか、悪いのか(悪くはない)良く分からない。
最近良い音というものを意識して聴いたことがない。
好みかどうか言われれば、好みではないかもしれない。
これが第一印象。

置く場所は、パソコンラックの最上階、複合機を置いているところを横に板で延長し置き場確保。
上から音が降りてくる感じとなりました。
これまた、不自然なんだわ。
いや、不自然、違和感。
ブログ書きながら、競馬の予想をしながら、ずーっと聞いていたら慣れてきたわ。

いろんな音楽を聴くと、前スピーカーと比べていいところが見えてきました。
音の表現力が豊かだ。
高音が良く出るとか、低音が出るとか出なく音の奥行きが出ている。
特に女性ボーカルの厚みが増した感じがする。
一番よくなったなぁって思うのは、ボリュームを上げた時に分かりました。
スゲーって感じでしたが、嫁から「うるさい」と言われ撃沈。

前のスピーカーは、音を上げると不自然でしたが、ONKYO GX-77Mは異次元だね。
近くで聴くよりも、少し離れて聴いたら1万円のスピーカーとは思えないくらい勢いがあります。
ウーハーがある訳でもないので、低音はそれなり、高音は澄んでいるかな。
小さい音だと、DIATONE DS-31Pとそんなに差は感じられない。

やっちゃったーぁ。
って気もしましたが、まぁ不自然な音でもないし、スピーカーは重たい方が良いに決まっている派だし、自己満足の世界では合格点だわ。
一番気になるのは、音源はオンボードなので、サウンドボードを乗せて光デジタル入力にした時に、かなり劇的に音がよくなるのではないかと期待している。
レイドカード挿さずに、サウンドボード挿すんだった。(パソコンにスロットが1つしかない)

評価:★★☆

音的には合格点です。
パソコンのせいかどうか分からないが、音が前に持っていたスピーカーと大して変化しなかったので★3つにしました。(音を上げて、少し離れて聴くと★4つ)