【レビュー】マカフィーアンチウイルスプラス2013 (最新輸入版) には要注意

McAfeeの契約が切れたので新規に契約することにしました。
3台分が多いのですが、メイン用だけでいいので1台用を探すと

輸入版というものがあり、非常に安価でしたので購入しました。
インストールディスクは英語ですが、一旦ディスクからインストールすると更新時に日本語版に置き換わりました。

1週間ほど問題なく動いでいたのですが、ある日から、例えば「更新しました」というポップアップの閉じるボタンを押しても閉じなくなりました。

過去にもMcAfeeのサポートを利用して、解決せずとも丁寧なサポートを受けたことがあります。
こういったこともあり、ウイルスバスターからMcAfeeに乗り換えても安心して使い続けています。

24インチのワイドディスプレーが壊れてからは、17インチのスクエア型のディスプレイを使っているので、このポップアップが出てくると画面の1/9程埋められてしまい非常に作業がやりづらくなります。
仕方ないのでパソコンを再起動してポップアップを閉じています。

早速McAfeeのサポートセンターにメールで問い合わせをしました。
1回目の回答は
インストール障害初期対応ツール(McInstallCheck.bat)を起動して症状が改善できないかというものでした。
そう言えば昔もそんなようなことをやった気がします。
その時もダメで再インストールしました。
今回も症状は変わらず、状況を報告しました。

2回目の回答は
エラーの画面を遅れというものでした。
エラーと言うよりもポップアップが閉じないからどうにかしてくれというお願いなのに、そのポップアップの画面が欲しいなんて、こっちの意図が通じているのか不安になりました。
それに続けて「契約がアメリカ(US)でのご契約となっているが、どこで買ったんだい?答えてちょうだい」という質問が付いていました。
Amazonで輸入版を買ったと答えました。

3回目の回答は
アメリカ版なので対応できない、ゴメン。というものでした。
おーっと、それだけかい?
どこにサポート受けたらいいかくらい教えてくれよぉ。

4回目の回答は
買ったCDに書いてるからそれをみてちょうだい、じゃぁ!(こんな書き方じゃないけど受けた側はこんな受け取り方をした)
・・・CDに書いてないんだけど。
USのサイトに行ったけど、いやぁ~参った、参った。
英語はある程度わかると思ったけど、サポート依頼しょうと思ったら不思議と日本のサポートに飛ばされるんだよね。
というか、契約は日本語のページから登録したんだけど。
たぶんUSの方に問い合わせても、日本語のプログラムだからサポートしないよーって言われそう(空想)
使っているのは日本語だから日本でのサポートでいいやん。
契約がUSだからって一蹴されてちと悲しい。

McAfee懲りた。
次はどこに乗り換えようかなぁ。
やっとMcAfeeとお別れする理由ができました。
じゃあな。

ちなみにポップアップは「Alt+F4」で閉じることが出来ました。

評価:☆☆☆
輸入版の評価です。
ノンサポートでいいのなら安いので買ってもOK。
ソフト自体は、ここ数年使っていますがウイルス関係でトラブルはないのでいいと思っています。