横浜ラーメン一心はほんのり豚骨を感じられた

茨城県取手市戸頭、ふれあい道路を挟んでホーマックの向かいにある「横浜ラーメン一心」にラーメンを食べに行ってきました。

平日の昼時でしたが駐車場が空いており、店内も5,6人と席には余裕が十分にありました。

ミソにするか悩みましたが、ラーメンを注文しました。


注文して間もなくラーメンが出てきました。
太麺の割には出てくるのが素早かったので驚きました。

まずはスープで、醤油とんこつということで期待はしていませんでしたが一口口に含むと、いい意味でとんこつ独特の臭いと味が口の中にひろがり幸せを感じました。
そのあと醤油の塩辛さが広がっていきテンションが下がりました。
そりゃ醤油とんこつですから、醤油の味もあるでしょう。
豚骨ベースの醤油や塩を食べてきましたが「一心」のスープには豚骨が感じられました。

チャーシューは柔らかいと見せかけて、なかなか噛み切ることができませんでした。
柔らかいのですが不思議と噛めない・・・なぜだ。
麺もいい感じでマイナス点はなかったです。

評価的にはこんな感じ。
スープが塩辛い、といっても今まで食べた「横浜系」の中で塩辛さは少なかったです。
次はミソを食べてみたいと思います。
(了)