【PSP22】トークマン(TalkMan)

2005年11月27日

トークマンとは


『TALKMAN』は、PSPR本体のUSB端子に接続した「マイクロホン」での音声認識により、日本、中国、米国、韓国の4ヶ国語をマトリクス状に変換可能な、外国人とのコミュニケーションを楽しく演出する今までにない全く新しいエンタテインメント・ソフトウェアです。ゲーム内のキャラクター「マックス」が4ヶ国語を話せる愉快な相棒として、海外旅行など外国人とのコミュニケーションが必要な場面をサポートします。他にも「マイクロホン」を使うことにより4ヶ国語の発音を採点形式でチェックできる、ゲームモードなども収録しており、「学び」からコミュニケーションの場まで幅広く楽しめる内容になっております。

TALKMAN
TALKMAN


先日、ジョーシンファービーを買いに行った時に
ついでに、ゲーム売り場を覗いた。
みんなのゴルフマージャンのゲームでもお安いものがあれば買おうかと…
で、なぜかしら「トークマンに気が引かれた。
へぇー喋ったも言葉を翻訳してくれるのかぁ
発音のテストもあるのかぁ
子供が英語塾に行っているので丁度いいやぁ
5180円はちょっと高いけど買うかぁ?
安いところを探そうかなとは思ったが
移動するのは面倒なので、結局ジョーシンで買った。
マイクをPSPのUSB端子に接続。
起動すると、なんか長々と色々な説明が出てくる。
ロード時間の暇つぶし表示だ。
どうでもいいから、本編へ言って欲しい。
機動が終わると、マイクテスト。
???
マイクが反応しない!
マイクを指でこつんと叩いてみるが
入力レベルが上がらない。
クソ!もうソニータイマー発動か?
それともジョーシンに、スカを引かされたのか?
どうでもいい交換だ!
・・・でも、大体持っていくと調子が良くなる。
寒いので外に出るのも億劫だ。
もう一度、電源を切り再挑戦。
よく分からないが、音声入力を認識した。
よっしゃぁ!
続いて、トークモードだ。
相手に伝えたいことを、PSPに向かって日本語でしゃべる。
すると、画面に候補にする文章が表示される。
・・・直接翻訳してくれるのではないのか!
  少しだまされた気分。
候補を選び、相手の国の言葉でPSPがしゃべる。
その後、回答をPSPの画面を見ながら選んでもらい
それが日本語でPSPから発音される。
・・・待てよ!相手に回答を選んでもらうと言うことは
  相手にPSPを持たせるわけで、そのまま持ち逃げ?
まぁそんなことはどうでもいいが、
起動から、コミュニケーションを取るまで、時間掛かり過ぎ!
「いくすきゅーずみー」
「What?」
「じゃすたぁーもーめんと」



「OH! My God Bye」
って逃げられるんじゃない?
こんなもん、持って行くよりも、本持っていたほうが
絶対にいい!間違いない!
買ってかなり後悔した。
PSPはどうしてもロードでの待ち時間が発生する。
ニンテンドーDS方がいいのではと思った。
で、テストモードというのがある。
PSPがしゃべった言葉を発音し、それがどのレベルか見てくれる。
でもね、こいつぶっ壊したくなる。
英語の発音。
子供より、絶対自信があった。
なのに、子供がA判定で、オレがD判定なのよ!
ムカツク!
子供曰く
「だって、英語塾行っているもん!」
週1でも、ネイティブな英語を聞いているとこうも違うものなのか?
オレはガックし
子供は英語に対して自信を持った。
高い金を出した気もしたが
子供の英語に対するやる気が出たので、
出した金以上に効果が帰ってきたかもしれない。
★トークマンを探す
 楽天市場 Amazon トイザらスicon