【競馬】春の天皇賞のホンネ

2006年4月29日

明日は、天皇賞だぁ。
気分は、それどころではないのだ。
とはいいつつ、競馬新聞をついついみてしまう。
ディープインパクトがグリグリ◎だなぁ。
そうだろうなぁ。
阪神大賞典のあの走りじゃ、確実だろうな。
単勝人気一桁は、ディープだけじゃんか!
ダントツすぎる。
ディープだけ、もう勝ちということで、残りの馬で天皇賞してくれ。
そうしたら、配当が割れて面白くなる。
まぁ、それはいいとして、
じゃぁ、2着はなんですか?
と聞かれたら、なんと答えようか?
ハハハ。
考えていなかった。
正直、考えていなかった。
過去3年は荒れているので、今回はディープ軸決定とすれば、
阪神大賞典、日経賞上位組みですよ。
デルタブルース、リンカーン
配当は・・・、一桁ですよ。
これが本来の天皇賞。
ストラタジェム、トウカイトリック
この辺りで、10倍台ですよ。
やっぱ、買えないわ。
ディープの一人相撲の競馬を見ておきましょう。
けどねぇ。ギャンブラーなのよ。
所詮、わたくし。
ここ3年の荒れた天皇賞の傾向を当てはめると・・・
大阪-ハンブル組だよなぁ。
距離は2500mとGIIの大阪杯よりも現実的な距離なんだ。
ビッグゴールド、トウカイカムカム、チャクラ
おもしろいところと思いませんか?
ディープが勝ったら、あきらめるとして
ストラタジェム、トウカイトリック
ビッグゴールド、トウカイカムカム、チャクラ
この5頭のボックスで遊んでみます。

当サイトはGoogle AdSense・Amazon・楽天市場の宣伝プログラムを使用しています。

Amazonでのお買い物はこちらから
楽天市場でのお買い物はこちらから

競馬

Posted by きあい