【茨城県】つくばエクスプレスまつりと関東鉄道水海道車両基地公開イベント2018

茨城県つくばみらい市にあるつくばエクスプレス総合基地において「2018つくばエクスプレスまつり」が開催され多くの人で賑わっていました。

合わせて茨城県常総市にある関東鉄道水海道車両基地において「関東鉄道水海道車両基地公開イベント」が開催されました。

つくばエクスプレススタンプラリー

今回は「守谷駅からつくばエクスプレス総合基地」まで歩いて、その間に設置されている2つのスタンプを集めるというTXスタンプラリーが開催されました。
昨年は3箇所でしたが今年は「守谷駅ファミリーマート前」と「ヨークベニマル守谷店裏」の2箇所になりました。

昨年と同様の時間に行きました。
そして昨年同様の長蛇の列ができていました。

スタンプ開始の正確な時間は不明ですが、9時30分頃から開始されたみたい。
そして10時前には1つ目のスタンプが押せました。
昨年のこの記事で9時半前から開始したらどう?って書きました。
首都圏新都市鉄道様、Good Job!

ベニマルまでトコトコと歩いていきます。
いつもとは違う裏道に人の流れができていました。
クネクネと歩いていきます。

珍しくというか、こっちに来て8年、はじめて会社関係者の人と出くわしました。
彼は鉄道が好きということは聞いていましたので、視界に入った瞬間わかりました。
茨城くんだりで会うなんて、かなりうれしい出来事でした。

ベニマルでスタンプを押してあとは車両基地までテコテコと歩いていきます。

総合基地に入りスタンプラリーの景品「TXオリジナルマグカップ」を引き換えに並びます。
それなりの列ができていました。
ついでに隣のアンケートの景品も交換してスタンプつきボールペンをいただきました。

つくばエクスプレスの会場は後で回るとして、関東鉄道水海道車両基地へ向かうバスへ乗るためバス停に向かいました。

関東鉄道水海道車両基地

バスは停車していなくバスにのるための列ができていました。
その後すぐにバスが入ってきて、間もなく出発しました。

今日は晴天でよかった。
11/3の文化の日は晴天の日が多いです。
朝は日陰でスタンプラリーの列に並ぶので寒くないように厚着できました。
この時間になると日なたでは汗がでるくらい暑くなってきました。


はじめてクレーン実演を見ることができました。
20t近い車両が空を飛ぶのは迫力がありますね。

今年はつくばエクスプレス、守谷駅から車両基地までの直通列車はありませんでした。
関東鉄道は水海道駅から車両基地までの直通列車がありました。
ならば先につくばエクスプレス車両基地で遊んで水海道車両基地に来たほうがよかったかなと思いました。
しかし昼近くからの連絡バスは激混みするから嫌なんだよなぁ。

つくばエクスプレスまつり

水海道車両基地から連絡バスでつくばエクスプレスまつり会場に戻ってきました。

今年は会場内縮小されていました。
なので列車を横から撮ることができる場所がなくなっていました。
写真撮って遊ぶなら関東鉄道の方が楽しいです。

車両工場も見学するところが減っていました。

鉄道模型がありました。
一時期ジオラマ的なことをやっていましたが、今年も殺風景な光景でした。

車体更新場で列車の上。

そしてステージのある方へ降りていきます。
ステージでは「お笑いライブ(完熟フレッシュ・にゃんこスター・フォーリンラブ)」が開催されていました。
会場の周りは壁で囲まれており中の状況は確認できませんでした。
また外では第二部の順番待ちの列ができていました。

帰りはバスで守谷駅に戻りますが、長蛇の列ができておりバスに乗るまで30分ほど待ちました。
タイミングよく13時から配布されている「TXの車体が書かれたフリーザーバック」をもらいました。

もらったもの

  • スタンプラリーの「TXオリジナルマグカップ」
  • アンケートの「スタンプつきボールペン」
  • バスに乗る時の「フリーザーバック」

の3点でした。

朝から歩いて、順番待ちして5時間ほどでかけていましたが歩いた歩数は1.2万歩。
運動の秋ですね(笑)