旧古河庭園と新宿御苑の春バラと東京都庁舎展望室

毎年5月1日のメーデーは会社が休みなので、人が多そうなところに行っています。
平日だと人が少ないだろうという魂胆です。

さて今年はどこに行こうかとギリギリまで悩みました。
この時期の花は終盤戦を迎えているため全く計画が立ちませんでした。
前日、ふと薔薇がいいんじゃね?と思い、都内で薔薇を咲いているところを探しました。

旧古河庭園

インスタでよく見かけていた「旧古河庭園(東京都北区西ケ原1丁目27−39)」に行きました。
茨城県に「古河市(こが)」があるもんだから、ずーっと「きゅうこがていえん」と思っていました。
やっぱ、「ふるかわ」だよな。

青色の電車、京浜東北線に乗って「上中里駅」で下車しました。
上中里駅から坂を登って本郷通りへ、10分かからず到着しました。

入園料150円也。
思っていたほど人は多くなくてよかったなと思いました(最初だけ)。

思っていたほどガーデンの広さはないなと思いました。
薔薇はほぼほぼ見頃となり、見栄えもきれいでした。

写真を撮ると高確率で人が写り込みます。
あとで処理するの面倒だなっと思いつつ、人が入らないように撮ったら同じようなのばかりになりました。

庭園ということで日本庭園をグルリと回ってみました。
人が多くなってきたので、予定よりも早めにあとにしました。

感想・・・人口密度が高すぎて息ができない。

東京都庁展望室

新宿御苑に行くついでに都庁(東京都新宿区西新宿2丁目8−1)に立ち寄りました。

駒込駅から緑色の電車、山手線に乗って新宿へ。
自分がどこにいるのか全く分からないので適当に西口からでて都庁の文字を追って進みました。
途中動く歩道がありました。
そこそこの距離でしたので、戻りが面倒だなと思いました。


展望室は北と南があるのですが、南は閉鎖されており北側展望室のみでした。
30分待ちの長い列にならび地上45階、55秒で到達するエレベータに乗りました。
ちなみにエレベータに乗り込む前に持ち物検査がありました。
並んでいる時間を考えると「あっちゅーま」に展望室到着です。

エレベータから出ると降りるためのエレベータ待ちの長い列が。
展望室からは東京が一望できます。
天気が良ければ富士山が見えますが、霞んで見えませんでした。

かろうじてスカイツリーが見えました。
滞在時間5分くらいかな。

感想・・・空気が淀んでいない時に上りたい。

新宿御苑

都庁をあとにして新宿御苑まで歩きました。
たぶん30分も歩いてないんじゃないかと。
ただしクソ暑くて新宿駅の前を通った時、もう帰ろうかと思うくらい。

新宿門に到着。
入園券は人間じゃなく、自動発券機でした。
200円入れて入園券を買い、QRコードを読み込ませて入園しました。

まぁ、とりあえず「緑」とりあえず苑内歩きましたが「緑」しかありません。
都会のオアシスやわ!
木々の間を歩いていると幾分暑さは和らぎます。

なにか訳の分からないニョッキニョッキしたもの。

大きな温室。
とにかく全体的に見て回りたいと歩きました。
途中木陰のベンチに腰掛けると、風が心地よくもうここで寝ちまおうかと思いました。
が、まだバラ花壇までたどり着いていません。
気合を入れ直して「フランス式整形庭園」に向かって歩きはじめました。

バラ花壇のところにはそこそこに人が集まっていました。
バラ自体は蕾が目立つところもありますが、ほぼほぼ見頃でした。
結構歩いてクタクタになったので、どうでもいいやと言う感じでした。

帰りは黄色い電車、総武線に乗りたいので千駄ヶ谷駅に向かいました。

「君の名は」のモデルになたっところを通って来たのを後で知りました。

感想・・・広すぎるよ新宿御苑