守谷市の大野地区で一足早く春を楽しんできました2018

茨城県守谷市大野地区ではひと足早く桜が見頃を迎えていました。

大野川沿いでは桜まつりが開催されていました。

テントが出ていてちょっとした軽食が販売されていました。

菜の花が川沿いにちょこちょこと顔を出しています。

さくらまつりの名称は「さくら回廊花祭り」です。

場所が分かりにくく、常総運動公園の手前で左折し田んぼの中を利根川に向かって走って行くイメージになります。
桜自体が目印にし、左手に桜を見ながら左前方を見ると車が止まっているのが見えてきます。


大野川沿いに桜の木が植えられていました。
テントが出ていた方に駐車場(路上駐車)があり、アサヒビール守谷工場の方に桜並木が続いています。
上の写真はアサヒビール守谷工場に近い所で撮影しました。

真ん中くらいから左右を撮影しました。

桜の木はまだ小さくこれから成長して桜並木を形成していくと思います。

桜はソメイヨシノではなく「はるめき」という品種だそうです。
色はソメイヨシノよりも濃く、河津桜よりも薄いといった感じです。

全体的に7,8分咲きで後1週間はきれいな状態で見れるのではないかと思います。

今年が第2回目のさくらまつり(さくら回廊花祭り)で3月21日(水・祝)まで開催されています。