【栃木県】日光市|日光東照宮(男二人旅2/3)

華厳の滝・中禅寺湖を後にして、日光東照宮へ向かいました。
中禅寺温泉のバス停からバスに乗り込み、西参道のバス停で降車しました。

まずは昼食をとろうと店を物色しましたが、歩くのも面倒なので目に入った「そば処林家」という蕎麦屋に入りました。

IMG_0688

若干高いかなという値段でしたが観光地なので仕方ないか、腹も減ってるしと思い入りました。


ミニゆばそば、ミニ天丼セットを注文しました。
ゆばって豆乳からどうのこうのって作り方まで知ってましたが、食べたことはありませんでした。

ミニゆばそばにのってきたゆばらしきもの、だし巻き卵のような風貌。
口に入れてみましたが何ちゃない、ふーんというのが感想。
そばと出汁はそこそこおいしい。
山菜が入っていましたが、山菜が美味しい。
山菜そばにすればよかったと思いました。

ミニ天丼、ミニだけあって小さい。
ご飯が3口分しかないのが残念。
食欲がなかったのでミニにしたのですが、なんだかんだで美味しかったので完食出来ました。

店を出て真っ直ぐ行くと西参道に到着します。

IMG_0709

西参道に入る反対側に日光山輪王寺大猷院があります。

日光二荒山神社で参拝し横に抜けて西参道を通り日光東照宮へ向かいました。

拝観料は1300円。
たけーなと思いました。
発券の時に「陽明門が改修です」という言葉を聞きました。

日光東照宮での目的は「三猿」と「眠り猫」の実物を見ることです。
それ以外はそれほど興味はないのでさらりと見れればいいのかなと思っていました。

IMG_0725

多くの人で列ができていました。
中に入るときらびやかで、今まで映像や画像で見ていた景色が拡がります。

まずは三猿のところへ行きました。

IMG_0739

1枚だけ立体感があり、残りは平面的です。
なんかおかしいなと思い張り紙を見ると・・・
「塗り直しのためレプリカ」ということが書かれていました。
見猿言わ猿聞か猿のみがレプリカの彫刻で、残りは写真。

「嘘やん!」なんか力がガックシと抜けました。
パワースポットでパワーを抜かれてしまいました。

肩を落としている私にツレが「また来ればいいやん」と声をかけてくれました。

流れに乗って進んでいくと「眠り猫」のところに来ました。

IMG_0753

これが眠り猫かぁと感動に浸っていると・・・

IMG_0754

これもレプリカかぁーい!

力が抜けるというよりも、怒りが湧いてきました。
おい、おい、おいっ!
拝観料1300円丸々取らんで半額くらいにせーや!
と、心のなかで叫びました。
今回はパワーがみなぎってきました(笑)

人の流れで進んでいくと階段があります。
これまでテレビとかで見たことがない光景です。
へぇ!こんなところがあるんだなとワクワクして階段を登って行きました。
が、行けども行けども階段。
後で分かったのですが、200段もあるげなよ。

IMG_0760

汗グダグダになり奥宮にたどり着きました。
何なのか後で調べると「お墓」と書いていました。

アキレス腱が少し痛くなったので少し休憩して降りて行きました。

次に祈祷殿に入りました。
みなさん座って話を聞いていたので、休憩ついでに話を聞きました。
こういうアトラクション?はいいよな~。
少しだけ勉強になります。
で最後は香り袋のお守りの宣伝。
ジャパネットたかたかいな。

家に帰って調べると、平成の大修理が行われています。
現在は「第一期第三次」平成25年6月1日から平成31年3月31日、6ヵ年度継続。
この後「第一期第四次」平成31年4月1日から平成36年3月31日、6ヵ年度継続。
と修理が続いていきます。

今回本物を見ることができなかった
眠り猫:本年6月~12月
猿彫刻:本年6月~平成29年3月
の間は本物を見ることができません。

レプリカは期間限定でしか見れないとなると、それはそれで良かったのかなと思いました。

いろいろとありましたが、日光東照宮を後にしました。

IMG_0787

表参道を通り神橋へ。

IMG_0803

ここから東武日光駅まで約1.5km。
下り坂をトボトボと歩いて行きました。

次の目的地は新古河駅です。
(続)