今年最後の日の入り、守谷駅でのダイヤモンド富士2019

今年は帰省しなかったので、今年最後の日の入りをつくばエクスプレス・関東鉄道常総線の守谷駅で撮影してきました。
この時期守谷駅からはダイヤモンド富士が観察できます。

今日は珍しくギャラリーとカメラマンが多く三脚を立てて本格的に撮影している人が多数いました。

太陽が富士山に隠れる前の状態です。
この時点では富士山の形は目視で確認できません。

太陽が少し富士山にかかってきました。
すると富士山の形が徐々に現れてきます。

太陽が少しだけ富士山から出ている状態です。
富士山の山頂とはいきませんでした。

太陽が沈んだ状態でコンデジの超望遠で撮影。
富士山からここまで130km程度の距離がありますが、超望遠で撮影するとここまで大きく撮影できます。

三脚おじさんのデジカメの液晶画面を拝借。

風が強く吹く中、足早に歩いている人たちは大きなカメラを構えた人が多くいるので何事かと思い、足を止めてカメラの方向を見てます。
カメラの方向にはシャンパン色した空と黒く浮かび上がる富士山が目に入り込んできます。
「わぁー」っと心の声が一人一人の口からこぼれています。
この感動した言葉を聞くのが好きです。
なんか、やっぱ富士山すげーよなっと思って撮影していることすら忘れてしまいます。
そして足を止めた人々は、スマホを構えて黒く浮かび上がった富士山を撮影してその場から足早に去っていきます。

太陽が沈んだ後は富士山とつくばエクスプレスの撮影。

太陽が沈んだ後はカメラマンの皆さんは撤収していきます。
先程の三脚おじさんは、つくばエクスプレスの撮影をしているようで、私と同じく電車が通る度に撮影していました。
つくばエクスプレス愛ですね(笑)

年末から年始にかけて守谷駅ではダイヤモンド富士が観察できます。
ただ富士山まで距離があるので、雲と大気の状態によって見れない時があります。
今日は比較的いい状態で撮影できました。
ただ画的には雲がないので面白みのない写真になりました。

帰り着く頃、空には三日月がホッコリと空に浮かんでいました。

今年最後の撮影、気持ちよく撮影でき良い一年の締めくくりとなりました。

今年一年「たったのあーもん」を見ていただきありがとうございました。
アクセス数は今年最初に比べて1/3程度まで激減しモチベーションが下がっていますが、これまでと変わらずマイペースで更新してまいります。
引き続き、よろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。
(了)