守谷城址公園の蓮池は少なくなっていました2020

茨城県守谷市にある守谷城址公園の蓮池に行ってきました。

なんかいつもと光景が違うのです。

手前の蓮池はいつもの通りなんですが・・・

奥の蓮池は水がありません。

こちらの方も水が張っていません。
ちらほら葉っぱは生えて、少しだけ蓮の花があります。

水たまりにはザリガニがいました。

まいどまいど、蓮の葉っぱのハートを探しているのですがこれが精一杯のハート

カタツムリか、ナメクジか、そんな感じの蓮の花びら。

カエルとかトンボとかいましたが、なかなか絵になるところにはいません。

ここって通路が狭いんです。
なので三脚なんて立てられると通行のじゃまになるんです。
一番困ったちゃんは、通路の真ん中にでーん!と椅子に座って絵を書いている人。
どう考えても通行できない、できません!
遠慮して遠回りしないといけないのよ。
あの感覚はさっぱりわからん。
三脚だと、ちょいすんませんで通行できるけど、どーん!と座っていたらどうすれ違えばいいの?
頭おかしいの?
今までう遇した困ったちゃんの中では一番のクレイジーな人でした。

さてマスクしている人ですが、
カメラ抱えている人 マスク0
絵を書いている人 マスク0
ちょっと立ち寄った人 マスク100%

どこ行ってもカメラ撮影する人とお絵かきする人のマスク率マジで低い。
アートに関する分野の人って、コロナなんか、そんなの関係ねぇ!なんですか?
ソーシャルディスタンスはとれるしても、人とすれ違うことあるしせめてポーズのアゴマスクはしていた方がいいんじゃないかと思います。