新宿御苑の桜は見事でした2019

東京都新宿区にある新宿御苑では桜が見頃を迎えていました。

桜の時期は休日以外でも入園するのに時間がかかるという話を聞きました。
なぜならアルコール持ち込み禁止なので手荷物検査が実施されるからです。
実際に手荷物検査が行われていました。

また新宿御苑には門が3つあります。
昨年バラの時期に新宿御苑を訪れ、新宿門から入り千駄ヶ谷門から出ました。
その時感じたのは千駄ヶ谷門は入園者が少ないなと。

混雑する時は千駄ヶ谷門から入るとそれほど混まないのではないのかと思い、JR千駄ヶ谷駅で降りて千駄ヶ谷門に行きました。
時間は9時半くらいで早めの時間帯でした。
手荷物検査には2,3人並んでいるだけで混雑はありませんでした。

最初に目についたのが赤い桃の花。
周りがソメイヨシノの白なのですごく映えていました。

桜の木は大きく枝っぷりもよくて、今まで見ていた桜よりも迫力を感じました。

この日新宿御苑に行く予定をしていたですが、予定を立てた日の今日は雨マークがついていました。
運良く雨マークは消えて雲マークのみになりました。
曇り空ですのでカメラをオートで空を入れて撮影すると、桜全体が暗くなります。
青空だったら最高のお花見日和でしたが、次回まで楽しみをとっておきます。


桜はソメイヨシノ、オオシマザクラ、ベニシダレサクラのほか多くの品種の桜が見頃を迎えていました。

新宿御苑定番のNTTドコモ代々木ビル。

日本庭園にはボケやハナカイドウのピンクが映えていました。

大温室前の丸花壇ではチューリップや色とりどりのキンギョソウで賑わっていました。

入園した時も人の数は大幅に増えており、写真を撮っても人が入ってしまいブログ用の写真を撮るのに苦労しました。

最後に大温室に入りました。
外は寒かったので中は非常に暖かく感じました。
大温室内はかなりの混雑ぶりでなかなか前に進むことができませんでした。。

ひとつ問題があって、温度差湿度差でカメラのレンズが曇ってしまいました。
ソフトフォーカスがかかったみたいでいい感じかな。
またメガネを掛けているのでメガネも曇ってしまい前が何も見えないというハプニングもありました。
新宿門は通常の出入口とは別に出口が設置されていました。
新宿門の入口には多くの人が並んでいました。
目黒川の桜に移動するため新宿三丁目駅に移動しました。

千駄ヶ谷門から入り横方向に4列ほど歩き新宿門からでました。
歩数計で1万歩程度、約2時間半ほど歩きました。

曇り空で最高のお花見日和とは言えず、また昨年より入園料が200円から500円に上がってガッカリしていましたが、桜は十分に楽しめました。
(了)