小貝川フラワーカナルの彼岸花が咲き始めていました2020

茨城県取手市にある小貝川フラワーカナルに彼岸花の開花状況の確認に行ってきました。

藤代体育館に近いところの彼岸花。
ボチボチと開花しています。
赤い彼岸花は3分咲きといったところ。

今年はコロナ禍で例年と違うリズムで秋を迎えました。
春先から外出自粛だ、とか言って元々外に出るのが嫌いな私はウエルカムでした。
しかしそれを理由に撮影に出かけない、いや色々な催し物がなくなり、桜の季節からまともに撮影していないもんだから、もう撮影なんてどうでもいいのよねぇ、みたいな感じになっています。

藤代体育館に近いところでは白い彼岸花が見頃になっています。

彼岸花は気温が20度くらいまで下がらないと、ニョッキと芽を出さないと聞いています。
ずーっと、夏が終わんないもんだから暑いまま。
例年だと咲いていないとわかっても、よっし様子を見に行こうと出掛けます。
今年は全くその気が起きませんでした。

白い彼岸花のエリアの隣、こちらはもう少し時間がかかりそうです。

今週辺りから気温が下がり、彼岸花がニョッキする気候となってきました。
午前中曇り空で、まぁ来週でも良いかなと思っていところ昼過ぎて青空が出てきました。
そういえば、小貝川フラワーカナルの白い彼岸花、赤よりも早めに咲くんだったな。
と思い、散歩がてらバイクで出掛けました。

防災センター前、こちらは見頃。

カメラ構えるとなんだかやる気は出てきます。
が、はて?何すんだったけ?とうまい具合に頭と体が動きません。

防災センター前、こちらは満開見頃、蕾は少なかったです。

ファインダー覗いて撮っていれば若干感覚は戻ってきます。
が、集中力が続きません。

コスモスは咲いていますが、今年も雑草だらけです。

今までの撮影のコピーで撮ろうと思っても、いやぁ難しいのね。
春までの自分て一体何だったのって感じです。

防災センター前の見頃の彼岸花を上から見るとこんな感じ。

彼岸花は被写体として好きです。
でも、こんなに難しいかったかなと。
過去のイメージと今のイメージと実態が重なり合っていないだけなのか。
まぁ撮っていれば、「おおお」ってのが撮れてしまうのが写真なんで、芸術の秋を楽しみます。