あけぼの山農業公園の梅園はどこから見ても見頃でした2022

梅が見頃になっているあけぼの山農業公園に行ってきました。

果樹園の梅、数は多くはないですが咲きそろってきました。

風車前の畑、暖かくなってビオラがシャキン!としてきました。
チューリップの芽は徐々に伸びてきています。

風車前の畑横のしだれ梅、蕾が残っていますが見頃です。

寒緋桜はほとんどが蕾ですが、気の早い花が開いてきていました。
来週末はそこそこに開いているかも。

梅園全体。
どこから見てもきれいでした。

青空が拡がって気温もぐんぐん上がってきて、春の陽気となりました。

大きなしだれ梅

本館前の花壇。
ミモザが見頃です。

本館前の大きな梅の木。

ミツマタの花も開花。

この時期何か香るなぁと思って、春の入り口の香りと思っていました。

「ミツマタの香りが良い」との声が聞こえて、ミツマタの香りを嗅ぐと・・・
あっ!春の入り口の香り!
ミツマタの香りだったんだ!
主張がない香りだったので、いろいろな香りが混ざってこの香りと思っていました。

話は変わって・・・

通路以外の立ち入りについて

先日のブログの記事で、「花壇の中に入っている人が目に付きます」と言う記事を書きました。

「花壇の中には入ってはいけない」、もう少し言うなら「通路以外は立ち入ってはいけない」と思っているのでモヤモヤしていました。

とある方から「管理者が気づいていないだけかもしれないので教えてあげたらどうか」とアドバイスされました。

そこでモヤモヤが続くのも気持ち悪いので、あけぼの山農業公園様に写真を添付したメールを出して確認しました。
これまでの経験上、企業様に問合せのメールを送るとほぼ100%有耶無耶でごまかされた感満載の定形文でメールが返っていきます。

不躾な問合せのようにも思えるので、返信がなくても仕方ないかなと期待せずに返信を待ちました。

すると3営業日でぎっしりと書かれたメールで返信が来ました。

回答の抜粋です。

花壇内への立ち入りは原則ご遠慮いただいています

ただし
梅園の中上段は「植物に気を使っていただければ立ち入ってはダメとは明言できない」
下段は「植栽のある箇所については入ってはだめ」

私の疑問はすべて解決してモヤモヤは一気になくなりました。

また下段には来園者の皆様に分かりやすいよう、「花が植わっているので入らないでください」という旨の掲示を立てるそうです。→花壇には「草花には大切にしよう」と立て札が刺さっていました。(仕事が早いです!)

モヤモヤが解消されて、気持ちよく撮影ができました。

職員の皆様、これからもよろしくお願いします。