あけぼの山農業公園のキバナコスモスが見頃2022

あけぼの山農業公園へコスモスの咲き具合を見に行ってきました。

まずは布施弁天裏のキバナコスモス。
その隣にコスモス畑がありますが、チラホラ咲き。

風車横の畑。
キバナコスモスは見頃。

映え用に白い椅子。

顔出すヤツがありました。
記念撮影してやってください。

風車前のコスモス畑は、チラホラ咲き。
キバナコスモスとコスモス(センセーション)が一緒に咲いています。

秋のどこにでもあるドア(どこでもドア風)は緑!
今回は見晴らし台(展望台)がありませんでした。

展望台から撮影してパノラマに

朝方はひんやりですが、お日様がしっかり昇ってくると暑い。
日陰は涼しい、日陰で撮影したい。
これまでの秋の中で一番暑いんじゃないかな。

公園内に入ってびっくりしたのが、犬が歩いていること。
犬が歩くことは珍しいことではないのですが、あけぼの山農業公園内はペット禁止だった気がします。
きっと知らずに犬連れてきたんだとっと思っていました。
が、10/1からペット入園可能となっている事実を家に帰ってきて知り愕然としております。

これまでペット禁止の公園でしたので、膝をついたり、腹ばいになって安心して撮影できていました。
過去に別の場所で、手をついていたら濡れていてその液体の匂いを嗅ぐと明らかに犬のおしっこ。
できるだけ確認しながら撮影はしていますが、バランスを崩して手をつくことがあります。
かなり不愉快です。

同市内の柏の葉公園、こちらではドックランがあり多くの方が犬を散歩させています。
伸びるリール(この存在が未だに分からない)を伸ばすだけ伸ばして、飼い主が立ち話している時に飼い主は知らずにそのまま私に突っ込んでくる、スミマセンで済ませようとするが、服に付いた毛はどうしていただけるんでしょうかと思う。
そういうこともあり、柏の葉公園に行くことが減りました。

「市の要請」でと書かれているので、何事もなく受け入れたのだと思うが、勘違いしないで欲しい。

「他の市内公園はペット可であるが大きなトラブルもないこと」
トラブルがないのではなくて、みんな我慢しているということ。
トラブル起こそうと思えばいくらでも起こせる自信はある。
起こしたところで全体的なメリットがないから起こさないだけ。

「利用者の多様化を図る」
世の中の流れだから、反対の人は我慢しなさいという黄門様の印籠みたいなものである。
今時の都合の良い言葉であり、多数が正しいと思って(思わされて)使っている言葉を使用することにより少数を締め出す言葉だと思う。
多様性について反論しても全体的なメリットはないので反論はしないが、たまにで「多様性」を連発する人には「はぁ~!?」って心の中で毒づいています。

「オシッコをしてしまった場合は、水で流す」
結局オシッコの成分の範囲を広げているだけだと思うのですが・・・
どうなんでしょう、何のメリットがあるのか、毎度毎度疑問に思っています。
粗相したので、流していますよって言うポーズだけにしか思えないし、ルールの中に書いているのも単にポーズにしか思えない。

以上が私が感じている生きる上での不安である。

せめてかごに入れるなど、糞尿を好き勝手にさせないのであればよかったのですが・・・
ルールとマナーは守ってくださいね。としか言いようがない。

でっかい金木犀の木。
今が香りのピークか?
園内あっちこっちに咲いています。
免疫をつけるため、金木犀をたくさん撮影しました。

トイレの前で撮影していると、
「トイレの匂いがするので見たら金木犀だ、あっ!やっぱりトイレもある!」
金木犀=トイレなんですね。
金木犀に近づいてくる人はほば言葉を発します。
そして100%「いい香り」って。

私は、ただただ気持ち悪い・・・
しかし!!!撮影に集中していると、臭いのことは忘れます。

10/8,9はイベントがあります。

★グリーンフェス★
場所:ふるさと広場
日時:10月8日(土) 9時30分~15時

★農業公園まつり★
場所:ふるさと広場
日時:10月9日(日) 9時30分~15時

詳細は公式サイトへ