あけぼの山農業公園で部分日食鑑賞2019

2018年1月6日は部分日食が見られる日でした。
そこであけぼの山農業公園に散歩に行って、ついでに部分日食を見てきました。

天気予報では寒いと言っていました。
寒っちゃ寒いですが、風がないのとお日様が出ているので言うほど寒くはありませんでした。
と言っても風車の前の池には氷が張っていました。
朝方は結構冷え込んだようですね。

風車前の畑にはビオラが植えられています。
寒さが厳しくなってきたので元気がありません。

公園の裏門を入って右手側のニホンスイセン。

上の方には黄色い水仙が咲いていました。

ロウバイはポチポチ咲き始めでした。

資料館(売店)の横のロウバイだけは見頃でした。

毎年毎年同じような写真が撮れているので、ちょっと違う感じで撮れないかと考えていました。


すると、声をかけらけました。
あけぼの山農業公園の中の人でした。
会話をしていた中で、「インスタやってる?」みたいな話になったので、「やってる、やってるぅ(ジミーちゃん風・実際にはそんな事やってない)」

対個人だと「やってない」で終わるところですが、お世話になっているあけぼの山農業公園さんなので、どうせこの場限りなんだろうなと思い私のインスタ見せました。

すると「きあいさん!?」みたいな感じになりました。
どうやら、ネット上の私のことを知っていてくれました。
ヾ(*≧∀≦)ノ゙ 嬉スィ~★♪
まぁ普通にしてはいましたが、USAを踊るくらい嬉しかったです。

本館前の花壇には「シモバシラ」という植物があります。
その名の通り霜柱ができます。
寒い朝の日しか見ることができません。

資料館の1階にはイルミネーションの写真コンテストの写真が貼られています。
今回は得意な被写体?があったので応募してみました。
それにしても応募枚数、少ないですね・・・

コンテストの応募は3年ぶりです。
それ以前はボチボチ応募していましたが、入選すらないのでやめていました。

部分日食最大

部分日食が最大となった時の写真です。
見てもなんちゃない写真です。
部分日食を自分の目で見たという自己満足だけです。

日食を撮影している時にたまたま撮れた写真です。
梅の蕾が写っていました。