娘がスマホを失くして発見できなかった話

スマホ紛失

娘がスマホを紛失しました。
私がなくした時にはGoogleの「スマートフォンを探す」機能を使用して発見できました。


娘のスマホも発見できるのかと思いGoogleにログインしてスマートフォンを探しましたが見つけることができませんでした。
と言うのも、スマートフォンを探せる設定をしていなかったからです。
ただし同期を行っていることが確認できたので、この世のどこかで生きていることが確認できました。
ロックを掛けることができたのでロックを掛けました。
学校に置いたままかもしれないと言うので1日待つことにしました。

発見できず

翌日娘が帰ってきて学校にはなかったと言います。
再度Googleにログインして確認すると、同期はまだしていました。
バッテリー的に確実に切れているはずなのにまだ生きているということは、誰かが電源供給をしている可能性があると考えました。

娘には警察に紛失届を出しように伝えました。
翌日にも発見できなかったらいけないので、電話の契約元のフリーテルに電話の止め方の問い合わせをしました。
会員ログインしてその他の問合せから問い合わせしました。
電話の止め方の手続きの問合せをしただけなのに、気を利かせて止めてくれました。
とめる前にデータを削除しようと思っていたのですが、電話を止めたためデーターの削除ができなくなりました。

SIM再発行

2日程してもう出てこないと覚悟を決めて、SIMの再発行を行いました。
SIMの再発行もマイページから行えました。
再発行手数料は2000円でした。
microSIMを使っていましたが、nanoSIMが主流になっていきそうなのでSIMの形状変更も合わせて行いました。
SIMの再発行は早くて中一日で手元に届きました。

代替スマホF-10D

娘が新しいスマホが欲しいと言うのですが、嫁が「失くしたんだから自分で買いなさい」と一蹴。
娘が仕方なく私に「余ったスマホない?」と聞くので予備機のFUJITSU F-10Dを貸しました。

F-10Dですが正直腐れスマホです。
バッテリの減りが尋常じゃありません。
電源が供給できるところで使用する分には問題ありませんが、数時間でバッテリー切れを起こすので外に持ち出す時にはモバイルバッテリーが必携です。

それでもないよりもいいみたいで、娘は持っていきました。

無限再起動ループ

それから2週間後、娘が「使えない」と言って持ってきました。

電源を入れるとDOCOMOのロゴが出てARROWSのロゴが出てしばらくすると電源が切れます。
そして再びDOCOMOのロゴが出てき・・・
を繰り返して電源ボタンを押してもシャットダウン出来ず、無限再起動ループになります。

想定される原因としては

  • 熱すぎる
  • バッテリが微妙に足りない
  • バッテリが壊れている
  • SIMの接触不良

一つ一つ確認するのは面倒しいので、バッテリーを外し別の充電器で充電し、SIMを外し一晩おきました。
翌朝バッテリーを付けて電源を入れるも状況変わらず。
もう一台F-10Dがあるので、そちらのバッテリーをつけて確認しましたが状況変わらず。



写真の復元

必要な写真があるのでなんとかして欲しいと娘が言うので、何とかしたいところですが起動しないことにはなんともなりません。

策としてはイチかバチかでファクトリーリセットをして、画像復元ソフトで復旧させる方法。

画像復元は過去にも経験しているので何とかできますが、今回はスマホ。

復旧できるかどうか分からないがやってみていいかと確認してからファクトリーリセットをおこないました。
ファクトリーリセットは、左右端のボタンを押しながら電源ボタンを押しLEDライトが緑色3回点滅したら手を鼻図という方法です。
そこからメニューに従ってファクトリーリセットを行います。

無事ファクトリリーセットが終わり、パソコンに接続すると「ポータブルデバイス」で認識されます。
デバイスで認識されないと画像復元ソフトが使えません。
色々と調べていましたがデバイスとして認識させる方法は見つけることができませんでした。

そこでスマホ単体で画像が復元できるアプリがありましたので、インストールしましたが画像が見つかりませんでした。
複数のアプリを試しましたがどれもダメでした。

パソコンからスマホ情報を復元できるソフトがありましたが、どれも無料おためし版でした。
画像が見えるのか試しにやってみました。
一つのソフトで画像を検出することができましたが、目的とする画像が出てきませんでした。

新しいスマホ

F-10Dですがいつまた無限再起動ループに陥るか分からないので、私の手出しで娘にスマホを買うことにしました。

これまでFreetelのPrioi3を使っていたので、Priori4をチョイスしました。
娘はiPhoneが良いというのですが、値段が高くて手が出ません。


andoroid本体のほか、液晶保護フィルム、ケース、microSD32GBも合わせて購入し2万円近い出費となりました。

nanoSIMは変換アダプターを用いてmicroSIMに変換しました。

私がセッティングの際に使った感想ですが、液晶の感度が悪いです。
FREETELなのか、andoroidのバージョン違いかはわかりませんが、使い勝手悪いなと思いました。

娘の感想ですが、画面サイズが大きくなってバッテリーももつようになり、さらにもっさり感もなくなったのでいいと言っています。

私的にはタッチの感度が良ければ、コスパのいい機種だと思います。

LINEの引っ越しで困った

これまで機種変更した際には時間はかかりますが、問題なく移行ができました。
今回困ったのがLINEの引っ越し。

手元に旧のスマホがあれば簡単に引き継ぎができるのですが、手元にスマホがありません。

娘が言うにはpriori3がなくなって、F-10Dにした時には簡単にできたと言います。
前回同様に操作を行ったのですができないと言います。
私も画面とネットの情報を見ながら行いましたが、どうしても2段階認証となり旧スマホが必要になります。
小一時間ほど格闘しましたが、結局はLINE運営事務局へ問合せをし回答待ちの状態です。
(了)