第33回守谷ハーフマラソン2017

会社の先輩が守谷ハーフマラソンで走るというので応援に行ってきました。
私が参加して走ったのではありません。

どこで待ち伏せるか?をコース図を見ながら考えてみました。
ゴール地点がいいかなと思いましたがあまりおもしろくありません。

交通規制がひかれているため車やバイクでは行きにくそうなので自転車で行きます。
なのでそれほど遠くまでは行きたくはありません。

いろいろと条件を勘案したところで「ハーフ第一折り返し地点」付近に向かうことにしました。

守谷駅からつくばエクスプレス線沿いにつくばみらい市方向にテロテロと自転車で走っていきます。

あらら、つくばみらい市で折り返すのね。

ハーフのスタート時間よりも早く着きそうなのでここで遊ぶことにしました。
というのも、つくばエクスプレスが車両基地を行き来する入出庫線があり車両を眺めることができるからです。

つくばエクスプレスでは入出庫線の複線化工事を行っています。
ここから見える線路は複線化されているのが分かります。
車両基地への複線化と合わせて「守谷駅の追越設備新設」の工事も行われており、供用開始は平成29年度となっているため、4月以降どこかでダイヤ改正があるのでしょう。

それにしても車両の上面て汚いですね。

この先が折り返し地点となっています。
太鼓やお囃子が響き渡っていました。

人混みには入りたくないので少し戻って待機することにしました。

天気予報では昼から雨だったので、だんだんと雲が厚くなってきました。
風はそれほど吹いてはいませんでしたが、陽射しがないと寒いものです。



もうすぐ選手が来るぞーっと広報車が通過。

しばらくしてパトカーが通過。

やっと先導の白バイが見えてきました。

ツイッターで確認したら「中央学院大学」の学生が集団で走っている情報がありました。
この辺りではバラけていて先頭集団は少なくなっていました。

気がついたのですが、足音が心地良い。
ペタペタペタペタペタペタっと、小さい音からだんだんと大きくなりそして小さくなっていく。
まさに競馬場の第4コーナーで佇んでいる感じ。
ワクワクしてきます。

さて先輩を探さないといけません。
ストイックな方なので前の方かなと思って、マジマジと顔認識機能を最大限に働かせて探しました。

10人程度であれば、なんとか顔のチェックはできますが、それ以上に視界に入ってくると処理が間に合いません。

仮装している人はあまりいませんでしたが、気づいたのは

  • 頭にうんこをのせている人
  • タイガーマスク
  • ピコ太郎
  • 亀仙人

これくらいでしょうか?

走る姿も様々で、

  • 無表情で走る人
  • ヒーヒー言いながら走っている人
  • 顎が上がっている人
  • 左右にふらつきながら走っている人
  • フォームが無茶苦茶な人

とにかく色んな思いをのせて必死で走っています。
ペタペタの足音とともに感動しました。

先頭からだんだんと人の塊が増えていき、ほぼピークの塊かなというところで先輩を見つけ声をかけました。

ニコニコして手を上げて通過していきました。
更に折り返して来た時に「また明日!」と声をかけると「休み!」との返事がありました。

俺も来年走りたい!と思わされました。
が、運動は大嫌いなので走りません。

たまにはこういったのを見るのもいいなと思いました。
(了)